TOP発毛専門医がこだわるパーフェクト脱毛 > レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール
脱毛の基礎知識 ロイヤル式RFダイオード脱毛レーザーの特徴 男性への脱毛のススメ それぞれの脱毛部位について レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール レーザー脱毛施術の手順 レーザー脱毛良くある質問

レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール
当日(施術前)までに剃毛をお願いします。
レーザー脱毛は剃毛した状態で行います。毛がフサフサに伸びた状態でレーザーを照射すると毛への反応が強すぎて皮膚にヤケドのような症状を引き起こすリスクが高くなります。また、剃毛を事前に行っていただくと施術時間の短縮が可能です。ヒゲやVラインなどはご自身のお好みのデザインの形にしていただきますとより確実に施術できます。
うなじや背中などご自身での剃毛が難しい部位はスタッフにおまかせください。

※当院での剃毛は部分剃り残しには1,000円、全剃毛1部位につき2,000円を頂いております。


レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール
施術の3週間前からは毛抜きによる自己処理はやめましょう。
レーザー照射前に毛を抜いてしまうと、導火線としての役割を持つ毛が毛根から離れてしまうため、メラニン色素のない毛根にレーザーが反応せずに破壊できません。毛を抜いたら、約3週間は施術までの期間を空けてください。カミソリなどの剃毛は行っていただいてかまいません。


レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール
脱毛当日のご入浴はシャワーでお願いします。
脱毛後は皮膚が一時的に赤く反応し、皮膚のバリアが弱まります。感覚も多少敏感になりますので脱毛当日の湯船での入浴やサウナはお控えください。シャワー程度の入浴なら可能です。
また、脱毛後2日間は海水浴、プールなど紫外線を浴びるような行為は避けてくだい。


レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール
脱毛後の1週間以内に起きる肌荒れはツルスベ肌への通過儀礼です。
施術後の1週間は肌が不安定になり、ボツボツとした赤ニキビのようなものができることがあります。当院でお渡ししている軟膏を塗ってケアをしていただきますとキレイに治りますのでご安心ください。


レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール
日焼け後のレーザー脱毛は肌トラブルのリスクがあります。
しかし当院のレーザーマシンは対応できます。
脱毛レーザーはメラニン色素に反応します。極度に日焼けし肌が黒い状態で施術すると、表皮のメラニン色素にも反応してしまうことがあります。ヤケドのような症状、赤み、ミミズ腫れ、かゆみを引き起こしてしまうリスクが高まりますので、脱毛を予定される前はなるべく日焼けを避けてください。
ただし、当院のRFダイオードレーザーは肌の色レベルに合わせて出力を設定できる最新タイプですので、肌トラブルを招くリスクが軽減されています。


レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール
レーザー脱毛後の日焼けでは、シミ防止の肌ケアが重要です。
レーザー脱毛後は肌が一時的に敏感になっています。皮膚のバリアが弱くなっているので、強く日焼けをしてしまうと紫外線のダメージでシミが発生することがあります。「保湿クリームを塗る」「長そでの服を着る」「SPF値の高い日焼け止めをこまめに塗る」などの対策をして、お肌をしっかり守りましょう。当院ではおすすめの日焼け止めをお取扱いしておりますのでお気軽におたずねください。


レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール
持病や体質によってはレーザーを受けられないことがあります。
アトピーなどのアレルギー体質やケロイド体質、その他の皮膚疾患がある方は当院の医師に必ず伝えてください。
部位・体質にもよりますが、まれに瘢痕またはケロイド状に痕が残る場合や、毛が太くなってしまう場合がございます。


レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール
ヘアサイクルを考えて、効率よく脱毛を行ないましょう。
レーザー脱毛は、成長期の毛に対しては反応しやすく効果を発揮しますが、休止期に照射しても効果がありません。
そのため、期間をおかずに照射をしても効果が期待できないので、部位に合った毛周期のサイクルを守り、適したタイミングで照射を行いましょう。 例えば、ワキのヘアサイクルは約1カ月ですので、次回の施術は5週間後が理想的です。


レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール
未成年者の方は、親権者の同意が必要です。
レーザー脱毛は未成年者の方もお受けいただけますが、親権者(保護者)様の同意書が必要となります。ご来院時に必ずお持ちください。
成長期の方の場合、脱毛後にホルモンの変化により再び発毛することがあるため、お肌が安定する年齢(16〜17歳以降)に施術を受けられることをオススメいたします。


レーザー脱毛を最大限発揮するための10のルール
妊娠中の方はご注意ください。
レーザー脱毛が母体や胎児に影響を与えた事例はありませんが、脱毛時の刺激によるストレスやホルモンバランスの変化によりお肌が過敏になり肌荒れを起こしやすくなる場合があります。お身体の変調を考慮し、妊娠中の方の施術はご遠慮いただいております。また、部位によっては脱毛時の体勢に負担がかかることもありますので、妊娠中やその疑いのある場合は脱毛をお休みください。




クリニック診療日カレンダー

専門ドクターが何でも回答!Q&A
LINE@
メルマガ
スキンリプログラミング
トライアルキャンペーン
モニター募集
発毛web
hatsumo-web.jp
提携クリニック にし整形外科
東京ロイヤルクリニック
東京都港区南麻布5-15-20 フラワーマンション804 内観1 内観2 内観3

東京広尾 地下鉄日比谷線広尾駅天現寺出口で降りていただき、サンクスと寿司屋三崎港の間の小道を入りすぐ右から入れます。オートロックがありますので’804’と押して下さい。すぐにドアが開きますので、そのままお入り下さい。→詳しい地図はこちらから


COPYRIGHT 2016 TokyoRoyalClinic. ALL RIGHT.RESERVED.
広域マップ