AGA治療



東京ロイヤルクリニックご予約



美容皮膚科



東京ロイヤルクリニックご予約



レーザー脱毛



東京ロイヤルクリニックご予約



ANSWER AGA治療
AGA治療薬には『プロペシア』『アボルブ』『ザガーロ』と色々ありますが、どういう違いがあるんでしょうか?
『プロペシア』はAGA、つまり薄毛の進行を止める効果があり、『アボルブ』『ザガーロ』には薄毛の進行を阻止するだけでなく発毛効果があります。
「フィナステリド(プロペシア)」と「デュタステリド(ザガーロ)」は共に、AGAの原因となるDHTを生成するのに必要な酵素「5α-リダクターゼ」を阻害し、AGAの進行を止める作用を持ちます。「5α-リダクターゼ」には、Ⅰ型とⅡ型があり、「フィナステリド」はⅡ型のみ、「デュタステリド」はⅠ型とⅡ型の両方を阻害するため、データを取ったところ「フィナステリド(プロペシア)」より「デュタステリド(ザガーロ)」のほうがAGA抑制効果が約1.6倍も高いと考えられています結果となりました。当院のヒアリングでも同様の結果になりました。
『ザガーロ』はそこからさらに発毛効果が認められました。さらに2015年に厚生労働省は『ザガーロ』に発毛効果があると認可しました。
なお、「アボルブ」と「ザガーロ」は製薬名が異なるだけで成分は同じです。「アボルブ」のほうが値段が安いので、当院では一番処方数が多いです。

プロペシア、アボルブ、ザガーロ


「HARG療法」は治療費が高いように思うのですが、それに応じた効果はあるのでしょうか?
育毛、増毛効果から決して高くはありません。
「HARG療法」は毛髪再生医療の最先端治療です。施術に使う高価な薬剤もさることながら、再生治療を認可されるような施設基準、HARG療法の技術向上など多大なコストがかかっています。
そのために治療費も上がってしまうわけですが、その効果を考慮すれば決して高いものではないと考えられます。また、当院では効果を高めつつ、他院より低価格になるように企業努力を続けております。ヘアエステやカツラなどの料金と比較すると、最初は安く見えても結局は年間で200万から300万円かかるので合計金額としてはHARGのほうが低価格になります。
女性薄毛やAGAの治療としては最も強力な効果が期待できます。

『HARG療法』 前頭部もしくは頭頂部のみ80,000円/全頭部150,000円

東京ロイヤルクリニックは『日本医療毛髪再生研究会』で認定されたHARG治療認定施設です。


薄毛で悩んでいる20代後半の女性です。この年代の女性に対応した薄毛治療のクリニックをあまり見かけないのですが、男性と同じように治療は受けられますか?
はい、受けられます!
東京ロイヤルクリニックは全ての年代の女性に対応した薄毛の専門外来もあります。
女性の薄毛治療は年々増えてきており2016年の時点で当院に来院される45%は女性です。男性薄毛とはメカニズムや原因が違うため専門のカウンセリングや発毛治療が必要なので受け入れるクリニックが少ないのが現状ですが、当院は8年間に多数の症例を重ね治療実績を日々向上させています。 「男性がいると受けにくい」という方のために完全予約制となっておりますので、安心してご相談にいらしてください。


当方、40代の女性です。治療によって頭髪のほかの部位の毛が濃くなってしまうことはありませんか?
当院の薄毛治療で体毛が濃くなることは決してありません。ご安心ください。


東京ロイヤルクリニックがオススメする「頭皮プラセンタ注射」にはどのような効果がありますか?
頭皮へダイレクトに胎盤エキスを注入する頭皮プラセンタ注射には4つの効果により増毛します。
4つの効果で増毛!

なぜそうなるのか、それはプラセンタには5つの作用があるからです。
薄毛ホルモンDHTの調節 AGAの原因である薄毛ホルモン『DHT』の量の過多を調節し、AGA進行をストップします。また女性薄毛の原因である女性ホルモンの乱れを治します。
血行改善 毛根への血流を増やし、髪の主成分であるタンパク質『ケラチン』の生成力を高めます。
HGF(肝細胞成長因子)の誘導 成長因子によって髪を作らなくなった毛根を刺激して元の状態へ戻し、発毛をうながします。
毛母細胞の分裂を促進 髪の原料である毛母細胞の数を増やします。
美肌作用 プラセンタの備わっている美肌作用により、荒れた頭皮の環境を改善します。
頭皮プラセンタ注射は脱毛した頭皮に素晴らしい効果を示す、総合的な毛髪治療法


頭皮に注射することにやや抵抗があります。「頭皮プラセンタ注射」の安全性について教えてください。
当院で使用するプラセンタ製剤は、厚生労働省の指定する品質を遵守し加熱処理やウイルスフリーの処理したもので、安全性は非常に高く大学病院等の医療機関でも使用されているものです。2016年の現在に至るまで感染や合併症などのトラブルを起こしたことはありません。
また衛生基準の高いクリニック内で、頭皮に注射をする際にも徹底した消毒等を行っておりますので、開業して以来8年間に感染や内出血、腫脹などの合併症は起きていません。


「頭皮プラセンタ注射」は内服薬等による治療よりも早い発毛、育毛を実感できますか?
当院の約7000症例の実績では、個人差があるものの内服薬より早く効果を実感できることが認められました。
一般的に、「プロペシア」「アボルブ」「ザガーロ」といった内服薬が6ヶ月以降から効果を示すのに対し、頭皮プラセンタ注射は約6ヶ月で効果を実感します。
ただ当院では内服薬に抵抗がない場合は内服薬でAGAの進行を止めた上で、さらなるステップとして「頭皮プラセンタ注射」や、もっと強力な発毛治療の『HARG療法』をオススメしています。
女性薄毛の場合は有効な内服薬がありませんので、「頭皮プラセンタ注射」が最も早く育毛を実感できる治療法になります。


「頭皮プラセンタ注射」で効果を得るためには何本くらい打つ必要がありますか? また、どの程度の痛みがともなうのでしょうか?
薄毛である頭皮の範囲や頭皮の厚みによって個人差がありますが、効果をしっかり上げるためには1回に5本以上の注射をすることがオススメです。
極低温ガス麻酔を頭皮にかけ、特注の極細医療針で注射していくので、多少チクチクする感じはあるものの“あっという間”に終了します。「あっ、こんなもんなんだ…」とおっしゃる方がほとんどです。
施術が終わってからしばらくは薬液が入っているため、頭皮が引っ張られているような違和感は残りますが、1時間もしないうちにひいていきます。


東京ロイヤルクリニックオリジナルの「ロイヤルヘアプログラム」とはなんでしょうか?
「ロイヤルヘアプログラム」現状からこのくらい発毛、増毛したいという理想の状態に近づけるための計画、つまりプログラムを提案させていただくことです。
一人一人の頭皮環境や薄毛の進行を診断した後、求められるゴールを目指すために豊富な症例実績データから多くの治療メニューの中でのベストな組み合わせ、通院計画などなど、その方専用にカスタマイズしたプランを作る当院独自のサービスのことです。
毛髪のかかりつけ医としてプログラム治療中もそのつど診察を繰り返し、経過によっては治療プランを練り直して再カスタムしていきます。「ロイヤルヘアプログラム」には治療後のメンテナンスも含まれており、“治療したら終わり”ではなく、治療結果を確認しながら、それを維持して、より良い日常を過ごしていただけるようにスタッフ共々全力でバックアップいたします。 


「ロイヤルヘアプログラム」は患者ごとに最適な治療が受けられるようですが、頭皮や毛髪の状況によって治療費が変わるということでしょうか?
そうなります。ベストな治療プログラムを組みますが、治療経過によって治療法の組み合わせやプランが変化していきますので、それに伴い治療費が変わることもあります。もちろん、必ず事前にご相談の上で行っていきますのでご安心ください。希望しない治療をすることはありませんし、強引にすすめることも致しません。


「ロイヤルヘアプログラム」と「HARGコンビネーション治療」の違いを教えてください。
「HARGコンビネーション治療」は当院の最も強力なコンビネーション治療のことです。
「ロイヤルヘアプログラム」は最も素晴らしい治療プランをたてることなので、髪の状態によっては「ロイヤルヘアプログラム」の中で「HARGコンビネーション」を提案することもあれば、もっとマイルドな治療をご提案させていただくこともあります。さらに治療経過によってはストロングな「HARGコンビネーション治療」やメンテナンス治療プランをご提案していくことがあります。


薄毛の部位によって治療法は変わりますか?
頭頂部(ツムジ)より前頭部(M字)のほうが治療効果が出にくいため、より強力なHARG療法などが必要になります。
また頭皮の質によって治療効果が出づらいタイプもありますので、その場合は治療を強めに設定します。


頭髪ではなく、眉毛やまつ毛を濃くすることは出来ますか?
「眉毛プラセンタ注射」「まつ毛HARG」という治療メニューが用意されています。どの部分の毛にもこれら治療法は高い効果を示します。
また眉毛プラセンタ注射では目周りの血行がよくなるため、眼精疲労にも大きな効果が期待できます。


治療中は発毛効果があっても、治療終了とともにだんだん薄くなってしまうことはありませんか?
当院の発毛治療は、発毛した状態を継続させるようにメンテナンスも行いますので、フォローアップの通院をしていただければ薄くなることはありません。


芸能人・有名人で植毛をする人がいるようですが、専門医の立場から見て「発毛」と「植毛」のどちらがオススメですか?
ファーストチョイスは『発毛』です。
植毛も非常に有用な治療法ですが、オペが必要になるため麻酔や合併症のリスクを伴います。もちろん、発毛治療の治療結果の良くない場合などには「植毛」という選択肢もあるべきです。
希望される場合には、植毛に対応できるクリニックをご紹介しております。
ちなみに、植毛では1回の手術につき1000株程度しか植えられません。また200万円以上の金額もかかります。
髪の毛は平均10万本あると言われておりますので、広範囲の毛が薄い場合には、何回も手術を受ける必要があります。薄くない頭皮から移植用の髪を採取するため傷ができたり、移植した髪が抜けてしまうリスクも伴います。


女性が服用してはいけない薬があると聞いたことがあります。理由と副作用を教えてください。
「プロペシア」「アボルブ」「ザガーロ」は女性の服用が禁止されています。
特に男児を妊娠した女性が服用すると、男児の生殖器に異常を起こす可能性があるため禁止されています。錠剤に触れることも避けてください。
これらの薬はAGA(男性脱毛症)治療薬であり、男性ホルモン「DHT」を抑える作用を持つため、原因が異なる女性薄毛には全く効果がありません。
ただし閉経後の女性が女性ホルモン低下からの男性ホルモン優位にとなった際に起きる「女性の男性型脱毛症(FAGA)」と診断された場合には、フィナステリドを低用量内服していただく場合があります。


別のクリニックに通院しているのですが効果を実感できません。そちらの通院をやめて東京ロイヤルクリニックで治療を継続することは可能でしょうか?
もちろん可能です。また他院の治療に関するセカンドオピニオンの受付もしております。
別のクリニックの治療中でも当院のカウンセリングを受け、希望があれば当院で治療を継続することが可能です。その際には前のクリニックの治療について詳しく伺い、効果のある治療を提供することに努めます。
他院の治療法に疑問がある場合や聞きづらい質問等にもお答えいたしますので、お気軽にご連絡ください。


効果が高そうな「HARG療法」が気になっています。頭皮の状態や体質によっては治療を受けられない場合もあるのでしょうか?
頭皮が脂漏性皮膚炎などでひどく荒れている場合、「HARG療法」の前に皮膚炎の治療を受ける必要があります。
当院で対応可能です。
体質は関係ありませんが、体調がすぐれない時や妊娠中などは施術できません。


「HARG療法」の説明書きの中にある「成長因子」とは何ですか?
成長因子とは細胞の分化や成熟を促す働きを持つタンパク質です。
成長因子とは人体内において特定の細胞の増殖や分化を促進する、内因性のタンパク質の総称です。
細胞間のシグナル伝達物質として、分化や成熟を促す働きがあります。
例えば、「IGF(インスリン様成長因子)」「TGF(トランスフォーミング成長因子)」「VEGF(血管内皮細胞増殖因子)」「G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)」「PDGF(血小板由来成長因子)」などが代表的なものとして挙げられます。HARG療法で使用される「AAPE」には約150種類の成長因子が含まれています。 


以前から「プロペシア」の名前はよく耳にしています。「ザガーロ」などの新しい薬のほうが効果が高いのでしょうか?
相性もありますが、一般的には効果が高いと考えられています。
「プロペシア」はAGA治療で初めて有用な薬剤として発売されたものです。副作用も少なく、とても優秀な薬で現在もたくさん処方されています。
しかし、薄毛ホルモン「DHT」を下げる効果は「ザガーロ」のほうが強く、発毛作用も示すため、当院ではこちらの処方数のほうが多くなりつつあります。


「HARG治療」で頭髪のボリュームが増え、若く見られるようになりました。そのうえでヒゲを薄くしたいという欲が出てきたのですが、頭髪の毛量を維持したままヒゲを薄くすることは可能ですか?
可能です。
「HARG療法」のメンテナンスで髪のボリュームを維持するのに並行して、脱毛レーザーによってヒゲを薄くすることができます。
また、ヒゲを薄くすることで頭髪のボリュームが増えたという印象を与えることができます。“デザインヒゲ”もオススメです。当院は毛髪と美肌のかかりつけ医として、最高の日常を手に入れるお手伝いをさせていだきます。


「AGA治療」で東京ロイヤルクリニックに通院中です。シワ・タルミ治療も気になっているのですが、「AGA治療」をしながら他の治療を受けることは出来ますか?
できます。 東京ロイヤルクリニックはより良い日常を送る手助けをするクリニックです。AGA治療をしながら、脱毛やフォトフェイシャルなどを受けることが可能です。
髪のボリュームを増やしつつ肌をきれいにしたり、アンチエイジングをすることでより若々しい姿になることをお手伝いしたいと考えています。
当院に通われている方の中には、「頭皮プラセンタ注射」と同日に「ヒアルロン酸注射」でシワ消しをしたり、「ヒゲ脱毛」に通いつつ「プロペシア」の処方を受けたり、「HARG療法」を受けながら「オーロラSR」で発毛とツヤ肌治療を同時に行うといった例があります。



東京ロイヤルクリニックご予約




ANSWER 美容皮膚科
シワ・タルミ治療には色々な方法があるようですが、どのような行程で自分に合う治療法を見つけてくれるのでしょうか?
シワ、タルミの原因は、肌の老化、表情筋の衰え、脂肪隔壁の弱体化など色々あり、その原因やお悩みの場所によって治療方法が異なります。
美容外科専門医による診察でシワやタルミの状態、位置などを確認し、その原因を診断して最適な治療法を提案いたします。


「オーロラSR」なら、子供のころからあるソバカスでもキレイにできますか?
「オーロラSR」はソバカスに非常に良い効果があります。
「オーロラSR」はRFを同時照射することができる「スーパーフォトフェイシャル」です。全体的な色調を改善しつつ、肌に引き締め効果をもたらします。
ソバカスとは、濃淡のあるシミが顔に広がっている症状なので、全体にシミを薄くすることが可能でダウンタイムのない「オーロラSR」は、ベストな治療法であると考えます。

オーロラSR


毛穴の黒ずみ対策として市販の毛穴シートを使っていますが、一時的な処置にしかなりません。「オーロラSR」はどのくらいの持続効果がありますか?
毛穴の黒ずみは「FNS(ダーマペン)」や「スキンリプログラミング」がもっともオススメな治療法です。
「オーロラSR」は平面的な黒い色素には効果的ですが、毛穴の黒ずみのような立体的なものに対する反応はイマイチです。「オーロラSR」より「FNS」と呼ばれるダーマペンで毛穴の黒ずみを薄く削り取り、毛穴を引き締める治療法がオススメです。さらに「FNS」を使った当院オリジナルの「スキンリプログラミング」(美容成長因子液「ペップビュー」と次世代イオン導入機「ケアシス」とのコラボ治療)がベストです。
「スキンリプログラミング」は効果が1か月間持続し、5〜6回行うことでより効果的になります。

スキンリプログラミング


年齢によるシミとハリのなさが気になり始めています。なるべく早く改善するために同時に治療することは可能でしょうか?
可能です。当院では同日にシミとハリを治療することができます。
肌は老化によってどんどん症状がひどくなります。なるべく早く治療を開始したほうが、より早く改善することにつながります。
シミやハリ治療には「ケミカルピーリング」「オーロラSR」「リファームST」「ヒアルロン酸注射」「ボトックス注射」「スキンリプログラミング」などがあり、その日にうちに二つ以上の治療を受けることができます。


ほうれい線が気になっています。「ヒアルロン酸注入」と「リファームST」、効果の違いを教えてください?
「ヒアルロン酸注射」はシワの直下にゼリー状のヒアルロン酸を注入して奥から持ち上げることによってシワを改善します。
一方、「リファームST」は肌の奥にRFの熱エネルギーを与えることで縮みを人為的に起こして引き締めることでシワを薄くします。
前者は即時的に効果が認められます。後者は5回以上受けることで少しずつ効果が出てきます。
この二つは同日の治療が可能で、当院がかなり強くオススメするコンビネーションです。


老化による顔全体のタルミとシワが気になっています。「リファームST」でタルミやシワはなくなるのでしょうか?
「リファームST」はタルミをマイルドに、ダウンタイムのないように改善していくメニューなので、繰り返すことで必ず改善します。しかし、タルミが重度の場合は完全になくなることはありません。劇的な効果を望む方にはオペをオススメします。当院の院長は形成外科を専門としているほか美容外科専門医の資格も保有しているため、オペの経験と知識に長けています。安心してご相談ください。


「ダイオードマトリクスIR」で行う「創傷治癒」とはどんなものですか? 施術の際に痛みはありますか?
顔の表面がチクチクした痛みを若干感じる程度です。
「ダイオードマトリクスIR」はレーザーアブレーションにより肌に目に見えないくらいのマイクロホールを開けます。自己の創傷治癒力によってマイクロホールを埋めるように肌が再生しますが、その際、周りの老化した組織の影響を受けずキレイな若い組織で穴埋めされます。つまり入れ替えが行われるのです。
1回につき1ヶ月かけて約20%が入れ替わると言われていますので、1ヶ月ごとに5回以上施術することで全体的な入れ替えが可能です。


かなり重度のシワやタルミが見られます。レーザー治療で改善できますか?
重度の場合はオペをオススメする場合があります。
提携クリニックをご紹介できますので、まずご相談ください。


「シミ・クスミの解消」「リフトアップ」「肌の再生」が同時にできる治療法があると聞きました。肌への負担が大きくなりそうですが、腫れやダウンタイムも3倍かかるのでしょうか?
かかりません。
その治療とは「トリニティ治療」のことですね。1つずつの治療に比べ、その分負担は大きくなりますが、照射設定により負担を最小限に留めることができます。
そのため、ダウンタイムが3倍にはなりません。個人差もありますが、経験的には1.2倍程度に収まり、逆に3倍以上の効果が期待できます。 


「トリニティ治療」は3つの施術を同日にできるそうですが、3つではなく、2つだけ施術してもらうことは可能ですか?
もちろん可能です。
施術には時間がかかるため、3つより2つくらいのほう肌負担も少なく済みます。 肌の状態にもよりますので、お気軽にご相談ください。


効果を高めるために、レーザー治療と他の治療法(+ピーリングやボトックスなど)を同日に受けることは可能ですか?
可能です。
当院はそれぞれの治療による負荷とダウンタイムの関係を多くの症例で経験しているので、それぞれの肌質に合った治療を重ね、相乗的に効果を上げることができます。
同じ場所に複数の治療をすることもできますし、違う場所に違う治療をすることもできます。


レーザー治療に追加して、ケアシス(次世代イオン導入)やFNS(フラクショナルダーマペン)を使う「スキンリプログラミング」は受けられますか?
受けられます。これは当院がオススメするコンビネーションです。
東京ロイヤルクリニックの特徴の一つは、複数の治療法をコンビネーションとして同日に受けられる点です。
レーザー治療の後に「ケアシス」でツヤ感を増やしたり、「スキンリプログラミング」で肌再生を促すことでより美肌になっていきます。


「ラクトピーリング」と「ミルクピーリング」はどちらが効果的ですか?
「ミルクピーリング」を強くオススメします。
「ラクトピーリング」は天然乳酸のみのマイルドなピーリングであり、ホワイトニングに特化した作用を持ちます。
当院が「ミルクピール」をオススメするのは、3種類のピーリング剤を特殊に配合することで、それぞれの効果を最小限の負荷で上げられるためです。
また施術後に使用する専用の美容液が非常に優秀で、ミルクピールと合わせて使うことで日焼け後のケアなどはもちろん、肌質の向上にも効果的です。 当院では1カ月に200人ほどケミカルピーリングを受けられますが、約80%の方が「ミルクピール」を選んでいます。

ミルクピール


「ケミカルピーリング」の治療では、皮が剥けると聞きました。顔への施術に不安を感じますが、目立ったりしませんか?
角質のターンオーバーを亢進するために皮が剥けますが、きちんとしたケアをすれば目立ちません。1週間くらいで前よりキレイな肌になります。
ケミカルピーリングを受けた直後は顔が火照ったり、肌の弱い鼻の下あたりに軽度の赤みが出ることがあります。1週間ほどすると角質のターンオーバーの亢進、つまり肌の入れ替えが活発になり、古い肌が剥けてくる状態になります。
皮が剥けるといってもポロポロ落ちるようなものではなく、少し乾燥したような感じになる程度なので、保湿をすれば全く問題ありません。


肌が弱く、乾燥した時期は荒れ気味です。それでも「ケミカルピーリング」を受けることは可能でしょうか?
ケミカルピーリングは元々肌治療の一つですので、受けることは可能です。
ただし、強い炎症期である場合には、ケミカルピーリングはお断りして炎症を抑える皮膚科処置を施します。


ヒアルロン酸をバストに注入すると固くなる…と聞いたことがあります。顔へ注入することに問題はないのでしょうか?
問題はごく少ないと考えます。
古いヒアルロン酸とは異なり、当院で採用している第4世代ヒアルロン酸「ベロテロ」は、肌の奥に染み込むように広がるためしこりになりません。
また、万が一しこりになった場合は「ヒアルドニダーゼ」で溶かすことも可能です。どんな状態になっても対応ができるように心がけています。
また、「マジックニードル」で周囲の組織を傷つけずに注入した場合はしこりになりにくいというデータもあります。
ヒアルロン酸注射を考えている方は、まずそのクリニックがどのヒアルロン酸を採用しているかを確認してください。
第3世代や、薄めて使用している場合には他のクリニックに行くべきです。

第4世代ヒアルロン酸ベロテロ



ヒアルロン酸を注入した場合の持続期間を教えてください。
当院が採用している第4世代ヒアルロン酸「ベロテロ」の場合、半年から1年間もちます。
注射した後、とてもゆっくりと吸収されていきますが、完全になくなる前にメンテナンスすれば持続期間はより長くなります。


注射治療は針の痛みが気になります。どの程度の痛みがあるのでしょうか? また、麻酔等で痛みを軽減することは可能でしょうか?
痛みはごく軽いものですし、麻酔で痛みを抑えることができます。
特注の極細針を使用しているため痛みは少なく、さらに高濃度の麻酔クリームで肌表面の感覚を失くします。その後で、針穴から先の丸いマジックニードルで薬を注入することでより痛みを抑えることができます。
痛みに弱い方も安心して受けることができます

マジックニードル


ほうれい線対策としては、ヒアルロン酸、ボトックスのどちらが効果的ですか
ほうれい線は老化による肌のタルミと、重力によって脂肪が下がるために目立つようになっていきます。その原理から考えると、「ヒアルロン酸」の方がベターです。当院では「ヒアルロン酸注射」によってシワ自体を持ち上げて薄くし、「リファームST」によって肌のタルミを改善することを強くオススメしております。
違う考え方をされるクリニックもあるかもしれません。色々なクリニックでカウンセリングを受け、自分が納得する施術を受けられることが大切です。


ボトックスを注入した後は、“注入部位が動かしにくい”など何かしら副作用があるのでしょうか?
周りの筋肉が補助しますので、動かしにくいと感じることはありません。
しかし、たくさん打ち過ぎてしまったり、額の前頭筋やまぶたの動きを占める眼瞼挙筋に影響が出ると、“目が開けにくい”などの症状が出ることがあります。副作用を起こさないように最大限の努力をいたします。


ボトックスはしわ取りの治療だと思っていたのですが、ワキガ治療にも効くと聞きました。どういう原理でニオイがなくなるのでしょうか?
ボトックス注射はワキガ治療としても有名です。
まず、ワキガとは多汗症を背景に「アポクリン腺」からでる汗を細菌が分解することによって特有の臭いを発します。
ボトックスとは筋肉の働きをストップする作用ですが、それは筋肉の働きをつかさどる神経を麻痺させるために起こる作用です。それをワキに注射して浸透させることで、「アポクリン汗腺」や「エクリン汗腺」につながる神経を麻痺させることができるのです。
汗さえかかなければ臭いが出ることがなくなります。麻痺をさせるといっても感覚神経には効果がないので、シビレなどは起こりません。


小顔にするボトックスはありますが、その他の部位(お腹や二の腕)にも効果はありますか?
「ボトックス注射」は筋肉や神経にしか効果を示さないため、顔、肩、腰、ワキにしか効果がありません。お腹などには「脂肪溶解注射」をオススメします。


「脂肪溶解注射」でクビレを作りたいのですが、どのくらい注入する必要がありますか?
脂肪量にもよりますが、一回の施術で左右に10本程度使用することがオススメです。 くびれを作るには側腹部と腰背部に注入する必要があります。これらの部位は脂肪が多く脂肪層が厚いので、効果の出やすい層に十分な量を注入する技術が必要です。


他のクリニックでは「脂肪溶解注射で小顔に」という治療法をあまり聞いたことがありません。東京ロイヤルクリニックではなぜ「脂肪溶解注射」で小顔に出来るのでしょうか?
最新の脂肪溶解注射「BNLS注射」ではそれが可能です。

従来の「脂肪溶解注射」では腫れがひどく出るため顔には適しませんでした。しかし、当院で採用している新しい脂肪溶解注射「BNLS注射」は、腫れが少なく効果が高いので顔や顎のタルミに非常に良い効果を示します。また、徹底した技術により腫れないような注射をします。
当院では、さらにボトックス注射を重ねる「スマートフェイス法」により、効果的な小顔形成を可能にしています。

BNLS注射+ボトックス注射=スマートフェイス法










「脂肪溶解注射」で細くなった後、皮膚に“肉割れ線”などは出ませんか? もし出た場合は東京ロイヤルクリニックで治療していただけるのでしょうか?
「脂肪溶解注射」で肉割れ線は出ません。また万が一出た場合にも対応できます。
肉割れ線とは急激に太ったため皮膚のテンションが追いつかない時に発生し、急激に痩せた場合に目立つようになるものです。
「脂肪溶解注射」は肌がゆっくりと引き締まっていくので肉割れ線がでることはマレです。
万が一、肉割れ線が出た場合は「スキンリプログラミング」「リファームST」により治療することができます。
治療の経過で出てくる悩みに対処するようメニューを組んでおりますので、何でもお気軽にご相談ください。


「脂肪溶解注射」と「脂肪吸引」ではどちらが効果的ですか?
どちらも効果的ですが、リスクが少ないのは「脂肪溶解注射」です。
劇的に変えていくには物理的に脂肪細胞を吸い取ってしまう「脂肪吸引」が効果的です。しかし、手術なので全身麻酔や出血、表面がボコボコになるといったリスクを伴います。また、手術後に3週間以上は包帯できつく巻く必要があるほか、内出血が取れないなどのダウンタイムも長くなります。
一方、「脂肪溶解注射」は注射だけなのでお手軽かつナチュラルに痩せていきます。ダウンタイムもありませんので、ファーストチョイスとしては「脂肪溶解注射」がオススメです。
もし、「脂肪溶解注射」ではなく「脂肪吸引」をご希望される場合は、当院が全幅の信頼を寄せているクリニックをご紹介いたします。


顔のシワと、その部分にあるシミが気になっています。同じ部位のシワ&シミの治療を同日にしてもらうことは可能でしょうか?
可能です。
顔のシワにシミが重なっていても、同日に両方の治療を受けることができます。例えば、「ヒアルロン酸」でシワ消しをした後に、顔全体に「オーロラSR」をかけることでシワ&シミ治療をいたします。ダウンタイムも個々の治療とあまり変わりません。



東京ロイヤルクリニックご予約



ANSWER レーザー脱毛
当方、男性です。かなりの剛毛で毛量も多いのですが、脱毛の際に痛みはありますか?
はい、痛みはあります。
特に毛量が多い方は熱が溜まりやすいため痛みが強くなる傾向にあります。
しかし、しっかり冷却して高濃度麻酔クリームを塗布したり、素早く施術することで痛みをグッと抑えることができます。
また、レーザー脱毛を受け続けることでドンドン毛が薄くなっていきますので、レーザーの痛み自体は少なくなっていきます。


剛毛で毛量が多い場合、薄毛の人よりも料金は高くなりますか?
どんなに剛毛で毛量が多くても、料金は変わりません。


ロイヤル式「RFダイオードレーザー」は男性でも受けられますか?
当院では男性脱毛に積極的に対応しております。ヒゲ脱毛からVIO脱毛まで何でも対応しております。

男性脱毛


ロイヤル式「RFダイオードレーザー」は他のクリニックの脱毛法と何が違うのでしょうか?
毛髪のかかりつけ医がたくさんの機械から選んだ最も素晴らしい脱毛レーザーです。

ロイヤル式「RFダイオードレーザー」はここが違う!

ロイヤル式「RFダイオードレーザー」は「アレキサンドライトレーザー」と違って痛みが少なく、単一の「ダイオードレーザー」とは異なりRFを同時照射することで産毛にも効果を発揮します。また、発毛因子のあるバルジ領域を破壊することで、より完全な脱毛を完成させます。
RFの余熱効果で肌の奥を引き締めるため脱毛とツル肌が実現するだけでなく、それを超えた“ツヤ肌”にすることができます。

ロイヤル式「RFダイオードレーザー」はここが違う!




脱毛はしたいのですが、男性なので完全にツルツルになることには抵抗があります。毛を細くすることは可能でしょうか?
キレのあるRFダイオードレーザーならば可能です。
永久脱毛までいかないように、レーザーの出力設定や施術回数を制限することで全体的に細くすることができます。
また毛のある部分とない部分の境界をはっきりすることでデザイン脱毛もできます。


1回の脱毛治療でどの程度の効果があるのでしょうか? 何回も通う必要はありますか?
1回のレーザー脱毛で約20%程度の効果があります。
つまり完全脱毛するためには5回以上の通院が必要です。頻度は1か月に1度くらいの通院がお勧めです。


ロイヤル式「RFダイオードレーザー」による脱毛を検討中です。施術時に痛みはありますか?
痛みをゼロにすることはできません。痛みが強いほど効果が高いという側面もあります。しかし、ロイヤル式「RFダイオードレーザー」では施術方法や設定によって最小限に痛みを抑え、最大限の効果を上げることができます。 


東京ロイヤルクリニックで行っているレーザー脱毛は、一般のエステで行われている脱毛と何が違うのでしょうか?
全く違います。
エステで行われている脱毛は「光脱毛」のため、出力が弱く長期間にわたり通う必要があります。当然、その分費用も多くかかります。
また、エステの光脱毛は毛根に与えるダメージが少ないため、一時的な減毛でしかありません。
「医療レーザー脱毛」は照射出力が強く短時間で施術ができます。そのため期間が短く、結果として値段も低価格で抑えられます。
ただし、ヤケドや赤みなどの肌トラブルの可能性もあるため、当院のように皮膚科治療に対応できるクリニックでないと扱えません。


肌が弱く、アトピー気味で皮膚に色素の沈着も見られます。それでもロイヤル式「RFダイオードレーザー」は受けられますか?
慎重に施術をいたします。状態によってはお断りすることもあります。
アトピーの方、肌がレーザーに敏感な方にはお試しに1ショットで経過を見て、赤み、かゆみ、腫れなどの反応が出ないか確認します。
確認後は出力設定を低くしたり、施術後に軟膏を塗って対応します。
ただし、状態によってはレーザーをお断りさせていただくこともあります。
受けられるかどうか不安な場合でも、まずはお気軽に無料カウンセリングにいらしてください。


レーザー脱毛は効果が高そうですが、施術後に肌が荒れることはありませんか?
一時的に荒れることがありますが、正しいケアをすればすぐにキレイな状態に戻ります。
「RFダイオードレーザー」は効果が高いのですが、施術後は肌バリアが弱くなりますのでニキビのようなものができたり色素沈着が見られる場合があります。
しかし、当院で処方する軟膏を塗ったり、日焼け止めをしっかりしていただければ元の状態に戻ります。
キレイなツヤ肌になるための一時的な通過儀礼だと思ってください。もしご心配なことがあればいつでもクリニックで無料対応いたします。


男性ホルモンが多いせいか頭髪が薄く、体毛が濃いことに悩んでいます。現状とは逆に、頭髪を濃く、体毛を薄くすることは可能ですか?
薄毛ホルモンである「DHT」は頭髪と体毛が反比例する傾向にあることが、医学的にもある程度証明されています。AGA治療で「DHT」の量を下げることで頭髪を濃くすることは、同時に体毛を薄くすることにつながります。また当院には高性能な脱毛レーザーがありますので、AGA治療で髪のボリュームアップしつつ、レーザーで体毛をより薄くすることが可能です。 


仕事が忙しくなかなか通院できません。同日に複数の治療をしていただくことは可能ですか?
「HARG療法」「頭皮プラセンタ注射」などのAGA治療と、「オーロラSR」「リファームST」「ヒアルロン酸」「ボトックス」などの美容治療を同日に受けることができます。
毛髪、美肌のかかりつけ医として両方の組み合わせ治療をすることをオススメしております。 



クリニック診療日カレンダー

オフィシャルサイト
スキンリプログラミング
トライアルキャンペーン
モニター募集
東京ロイヤルクリニック 東京ロイヤルクリニック


東京都港区南麻布5-15-20 フラワーマンション804 内観1 内観2 内観3

東京広尾 地下鉄日比谷線広尾駅天現寺出口で降りていただき、サンクスと寿司屋三崎港の間の小道を入りすぐ右から入れます。オートロックがありますので’804’と押して下さい。すぐにドアが開きますので、そのままお入り下さい。→詳しい地図はこちらから


COPYRIGHT 2016 TokyoRoyalClinic. ALL RIGHT.RESERVED.
広域マップ