TOP > 世界初の発毛ペプチド『ヘアフィラー』導入

無痛 出血なし 内服薬不要(プロペシア、ザガーロ)
世界初の発毛ペプチド『ヘアフィラー』導入
発毛ペプチド7種類を主成分とした発毛注入剤を最新注射で注入!無痛、そして完全浸透

『ファンクショナルペプチド』とは
『ファンクショナルペプチド』とは ファンクショナルペプチドとは、細胞表面にあるレセプター(=受容体)に付くことで細胞の分化を誘導するペプチド(=アミノ酸の複合体)のことです。
レセプターにペプチドが反応すると細胞内でシグナルが伝わり、反応連鎖し、細胞核の特定の遺伝子を転写調節して細胞の変化を促します。
簡単に例えるとペプチドはドミノ倒しを最初に押す指、1つドミノを倒すと次々に少しずつ大きいドミノが倒れていって最後にはとても巨大なドミノを倒せるパワーになります。そのパワーで細胞の形や機能を変化させたり、発毛に有効な物質を産生、放出することができます。
通常、育毛メソセラピーで使用される成長因子は50以上のペプチドと細胞の集合体であり、ファンクショナルペプチドはそこからさらに純度と濃度を増して作用と安全性を共に高めたものになります。
今までの成長因子は結果として発毛に繋がっていたものの、そのメカニズムはハッキリとは分からず、そのため作用にムラがありました。しかしファンクショナルペプチドはどのレセプターに作用し、どのような反応からどう変化や働きするか観察できるのがポイントです。
例えば散弾銃で打ちまくればどれかは標的に当たりますよね、それが成長因子でしたが、ペプチドは精密な狙撃銃で発毛という標的にしっかり当てるようなものです。
ヘアフィラーに含まれるペプチドは毛根にある髪の毛の生産工場『毛包』の培養実験で明確にメカニズムが証明され、特許取得が認められました。

髪の生産工場『毛包』
髪の毛の毛根部分は顕微鏡で見ると実は肌が凹んで毛根を包んだ状態です。この包みを毛を包むことから『毛包』と名称されています。毛包の一番奥の方に『毛乳頭』という膨らみがあり、毛乳頭から髪が作り出され、毛穴から外へと成長します。いわば毛包は髪の生産工場。
薄毛はその生産性が悪くなり、質の悪い髪しか作れず抜け毛や生産自体ができなくなる状態をいいます。
発毛治療とは、いかに生産工場の作業工程を見直して作業効率を上げるかということになります。

7つの発毛ペプチド
ヘアフィラーには毛包の発毛メカニズムを調べ尽くした上で、有効な成分だけが入っており、5つの作用で発毛へとつなげます。

AGAの進行ストップ AGA(男性型脱毛症)はゆっくりと数年から数十年と渡って薄毛が進行していく疾患です。
そのまま放っておくではなく、まずは進行自体を止めないといけません。

毛包と毛乳頭のアポトーシスの抑制 毛包、毛乳頭も生物器官ですから成熟すると自然の流れで衰えていきます。この流れに抑制をかけます。

毛包、毛乳頭の再生と新生 すでに萎縮した毛包や毛乳頭を再活性化を誘導して発毛サイクルを復活させます。

頭皮の血行改善 頭皮の毛細血管の血管新生を促して血流を改善します。毛乳頭は血流の量が増えることで発毛に関するタンパクをたくさん作りだします。

髪の主成分ケラチンの増殖 髪の毛のほとんどの成分は『ケラチン』という18種類のアミノ酸で構成されたタンパク質です。質の悪いケラチンですと軟毛といった弱々しい毛になってしまいます。ヘアフィラーは毛乳頭から上質なケラチンを作りだす手伝いをします。

7つのペプチドが発毛に必要な5つの作用を網羅しているのはお分かりになったと思いますが特に驚くべきところはこの2つです。
プロペシア、ザガーロなどの内服不要+2ヶ月での発毛効果を実感

プロペシア、ザガーロなどの内服薬が不要なワケ! 専門的な話になりますが…(読み飛ばして構いません。)
最新発毛理論『ウィント(Wint)シグナルにより
βカロチン増加による毛包の発生』
最新発毛理論『ウィント(Wint)シグナルによりβカロチン増加による毛包の発生』 近年、培養技術の発達によりラボで『毛包』を培養し、色々なタンパク質を与えてどのくらい太く長く伸びるのかを観察できるようになったため多くの発毛誘導に関するメカニズムが分かってきました。
その中でもウィント(Wint)レセプターの存在が最も注目されており、Wintに刺激を与えればシグナルを出してβカロチンとういう物質が作られ、毛包形成を活性誘導して新しく毛包を発生させることが確認されました。
また色素細胞の移行を助けることで白髪を阻害する可能性を示唆する非常に興味深く論文も発表されました。
そこで、いかにWintレセプターを刺激するペプチド(アミノ酸複合体)を見つけ出して薬剤にするが課題でしたが、CAREGEN社はデカペプチド28(CG-Rehairin)、オリゴペプチド71(CG-Edrin)、デカペプチド18(CG-WINT)がその作用を持つことを発見し、抽出することに成功し特許を取得しました。
そこから毛包、毛乳頭形成誘導体によって新しく元気な毛包を再構築して髪を増やすという新しい発毛の考え方に基づいて発毛に有効なその他4つのペプチドを含めてコンパウンドすることで全く新しい発毛注入剤『ヘアフィラー』が開発されました。


なぜプロペシアやザガーロを飲まなくてもいいのか?
AGA(男性型脱毛症)とはジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンに前からツムジのかけて、髪の根元にある毛包が反応するとDKK-1というタンパクが放出されて脱毛を起こす遺伝性の疾患です。
DHTは薄毛ホルモンまたは脱毛ホルモン、DKK-1は薄毛タンパク、脱毛タンパクとも呼ばれています。
プロペシア(フィナステリド)やザガーロ(デュタステリド)はDHTの生産を阻害することで脱毛をブロックします。
一方、ヘアフィラーに含まれているオリゴペプチド54(CG-Nokkin)はDHTが毛包に反応するのを阻害することで脱毛をブロックします。どちらも脱毛タンパクDKK-1の放出をストップされる同じメカニズムを持つのでどちらか片方だけでも充分にAGAの進行を食い止めることができるのです。
ヘアフィラーに含まれるオリゴペプチド54はDHTが毛包に反応してDKK-1の生成を阻止することで脱毛抑制
以上を踏まえて
CAREGEN社のヘアフィラーにファンクショナルペプチド達の詳しい作用機序がこちらになります。 ファンクショナルペプチド達の詳しい作用
ファンクショナルペプチド達の詳しい作用



2ヶ月での発毛効果を実感できるワケ! ヘアフィラーは2ヶ月で結果がでます。
ヘアフィラーは発毛ペプチド7種類とヒアルロン酸と混合させた分子量の大きな薬剤であり、頭皮に注入したあとゆっくり2週間で除放されるため効果は2週間続きます。そして2ヶ月間合計する4回の治療で発毛を実感できます。

頭皮に注入したあとゆっくり2週間で除放

さらには白髪にも有効
白髪の毛包を調べると色素細胞の数が少ないものの、色素幹細胞(色素細胞になる前の状態)の数は黒髪とあまり変わりません。毛包培養実験でWintシグナル経路が活性化とともに毛包幹細胞と協調して色素幹細胞からの色素細胞の分裂増殖が認めらたところから、Wintレセプターへの刺激が白髪から黒髪へ再生するのに役立つのではと考えられています。

ヘアフィラーの効能には4つの特徴があります ヘアフィラーの効能には4つの特徴があります

いくら良い治療剤があっても施術する方法がよくないと効果は半減してしまいます。
発毛クリニックとして10年の歴史ある東京ロイヤルクリニックでは頭皮プラセンタやHARG療法などの頭皮注射の豊富な症例を通じて毛根の存在する表皮、真皮の層により確実に、無痛で薬剤を運ぶ(ドラックデリバリー)を3つの工夫で可能にしました。

注射するときの痛み一体なんでしょうか?それは
・針を刺すときの痛み
・薬液が体内で広がるときに組織が剥離されるときの痛み
・注射後に薬液が浸透して染みる際の痛み


の3つが重なった痛みです。
当院では、この3つの痛みに対して

ナノニードル
ナノニードル比較画像 実際に比較してみると一目瞭然ですが、一般的な病院で使用されるより圧倒的に細い針です。
あまりに細いため本当に薬液が中から出るのか心配になりますが、写真の通り針の内腔が広くとられていることや3本に分かれているので実にスムーズに注射できます。髪より細く、肌表面にある痛覚と痛覚の隙間をくぐり抜けるためほとんど痛みがありません。
さらにニードルの深さが驚異の1.5mm。つまり注射した場合、平均の表皮の厚み0.3mmとその奥の真皮の厚み1.5mmの層の間に必ずヘアフィラーを注入できることになります。頭髪の毛根は、そのほとんどが表皮や真皮層にあるので効果を出すにはできるだけ近い場所に打つ必要があり、このナノニードルによって精密に打つことができるようになりました。
注射というより、スタンプと表現した方がよりわかりやすいかもしれません。 ナノニードル詳細

動画提供:南部化成株式会社 http://www.nanbu.co.jp/product/paskin/index.html
オートインジェクションシステム(自動注入器) 当院の院長は形成外科医として正確な場所に正確な量を注射する技術には自信がありますが、ヘアフィラーは微量を扱うのでオートメーション化が必須です。この自動注入器はヘアフィラーにはめ込んで、デジタル圧出機により0.02mlずつ精密に注入することを可能にしました。手で注射する場合、手ブレにより肌の痛覚に触れて痛みを感じさせてしまいますが、このマシンを使えば、ブレずに正確な量を注入するため痛みがありません。
ケアシス ケアシス画像 美容外科界で最先端のイオン導入機械です。イオン導入とは皮膚に100Vほどの電流を流し、一時的に細胞表面をメッシュのようにし、スポンジに吸い込まれるように薬剤を浸透させます。その浸透力はケアシスに付属するクーリングシステムと相まって通常の約200倍にまで向上します。メッシュのようにすると言ってもあくまで電気的なことなので頭皮を一切傷つけることはありませんし、感電もしません。
金属状のスティックを頭皮表面を撫でるようにクルクル回します。ひやっとした冷たい感覚がするだけです。
ケアシスを使うことで、ヘアフィラーを毛乳頭にある細胞に最後の最後まで浸透させて、クーリングにより注射後の痛みを解消させてしまいます。
この組み合わせが最も発毛に適した治療法と考えます。
ヘアフィラー施術の手順
1)カウンセリング:ヘアフィラーの効能や治療方法など細かく説明します。現在の頭皮、頭髪状況を専門的に判断し、どのあたりに集中して注射をすれば発毛、増毛につながるのか診断します。
2)麻酔:高濃度麻酔クリームを塗布し表面麻酔をします。
SMクリームという9.6%の高濃度キシロカインの麻酔クリームです。肌の浸透が早く、5分から10分ほどで表皮内に麻酔作用を示します。
3)施術:ナノニードルによりほぼ無痛のまま、オートインジェクション(自動注入器)でスタンプのように40ヶ所〜60ヶ所に細かく注入していきます。 
4)施術後:イオン導入『ケアシス』によりHFの浸透力を200倍にアップします。金属製のデバイスを頭皮に当て、全体的に触っていきます。しっかり冷えたところで終了となります。
5)完了:消毒液など多少髪が濡れていますのでスカルプドライヤーで乾かします。

施術時間:20分

頻度:2週間に1回
4回目には20%以上の髪のボリュームアップ


Q.無痛というのはどの程度無痛で済むのでしょうか?

高濃度浸透型の麻酔クリームに髪より細いナノニードルを使いますので、刺されたことにも気づかないレベルです。
薬液が入る痛みに関してはオートインジェクション(自動注入機)で微量に入れるため、押されている感覚がする程度です。40〜60ヶ所注入しますが、施術後もほとんど痛みはありません。



Q.どのくらいで効果が出てくるんでしょうか?

1回のヘアフィラーで2週間効果が続き、4回(二ヶ月)で髪のボリュームが20%増えたという臨床データが出ています。2回目から実感される方もいらっしゃいます。




Q.安全性は高いのでしょうか?

あらゆるセーフティチェックに合格しています。新しい技術のため今後を注視する必要はありますが現在のところ問題は報告されていません。






クリニック診療日カレンダー

専門ドクターが何でも回答!Q&A
LINE@
メルマガ
スキンリプログラミング
トライアルキャンペーン
モニター募集
発毛web
hatsumo-web.jp
提携クリニック にし整形外科
東京ロイヤルクリニック
東京都港区南麻布5-15-20 フラワーマンション804 内観1 内観2 内観3

東京広尾 地下鉄日比谷線広尾駅天現寺出口で降りていただき、サンクスと寿司屋三崎港の間の小道を入りすぐ右から入れます。オートロックがありますので’804’と押して下さい。すぐにドアが開きますので、そのままお入り下さい。→詳しい地図はこちらから


COPYRIGHT 2016 TokyoRoyalClinic. ALL RIGHT.RESERVED.
広域マップ