TOP > ヒアルロン酸注射


ヒアルロン酸注入とは
ヒアルロン酸注入部分 ヒアルロン酸とはもともと体内にあり、「肌の弾力性・ハリ」を保つための重要な成分です。1gで6リットル(1リットルのペットボトル6本分)の水分を保つほど保水力に優れており、肌保湿の主成分と言われています。ですがヒアルロン酸は加齢と共に減少するため、肌のハリ・弾力が低下し、シワが目立ってきます。
そこでヒアルロン酸注射でシワ部分への注入し、内側からシワを持ち上げ改善いたします。副作用は起こりにくく、アレルギーテストが必要なコラーゲン注射のようなものではなく、ご希望の箇所へすぐ注入することができます。当院では粒子の大きさや硬さの違うヒアルロン酸を各種取り揃えておりますので、シワだけでなく「クマの改善」や「鼻を高くする」などのプチ整形まで、様々な悩みに対応が可能です。



ヒアルロン酸注入でできる2つのこと
シワ消しアンチエイジング
ヒアルロン酸というゼリー状の薬剤を使った「シワ消し術」はいかがでしょうか。
目尻や目元の細かいシワ、目の下にできるゴルゴジワやホウレイ線のすぐ下にヒアルロン酸を注入して、シワを持ち上げるようにして目立たなくします。またヒアルロン酸は保湿成分であるため、周囲をみずみずしく若々しくしてくれます。
豊富な経験を持つ院長自らが施術にあたり、あなたの若さと美しさを引き出すお手伝いをいたします。 気になるシワを解消すれば、より若々しく魅力にあふれたあなたに変身することができるでしょう。お悩みのことがあれば、ぜひご相談ください。
なお、ヒアルロン酸では対応しにくい表情ジワには、ボトックス注入によるシワ取りが有効です。あわせてご相談ください。

→ボトックス注入

プチ整形
今やすっかり一般的になった美容整形です。中でも薬剤を注射して容姿を整える「プチ整形」は、手軽に悩みを解決できるため、若い方を中心に大人気です。
こうした傾向は女性だけでなく、男性の間にもみられます。「取引先に好印象を与えたい」「入社・転職を有利に導きたい」こうした理由から、男性にもプチ整形が広まっています。
比較的短期間、あるいは一時的な効果をお求めの方のために、当院では「ヒアルロン酸注入によるプチ整形」をご用意しております。心身に負担をかけず、短時間で気軽に受けられ、確実な効果を得られます。

プチ整形の明確な定義はありませんが、一般に「皮下への薬剤の注射によって、短時間で行われる整形術」といったところでしょうか。ゼリー状の薬剤が皮下を持ち上げて、鼻を高く見せたりアゴを強調したり、こけた頬のボリュームを改善できます。
本格的な手術とは異なり、体への負担がとても軽いうえ、短時間で受けられるというメリットがあります。
ヒアルロン酸は、皮下に注入すると時間をかけて少しずつ体内に吸収されていきますので、半年から一年ほどで効果は薄れてしまいます。ご希望にあわせて定期的な施術を行うことで、整形効果を持続させることが可能である一方、そのままにしておけば元に戻りますので、「必要に応じて受けられる」というメリットがあるとも言えるでしょう。
形成外科専門の院長は、顔を整え、美しくすることに非常に長けております。


 ①ひたい ひたい全体を丸くしたり広い印象をもたせることができます。
 ②眉間 眉間に深いしわがあると、怒っていると勘違いされたり老けて見られたり、マイナスであり損することばかりです。しわを目立たなくすることで、顔の印象が明るく、若々しくなります。
 ③こめかみ こめかみの凹み・くぼみも、ふっくらと改善することができます。
 ④目の下 目の下が凹んでいる、くまが目立つというか方は目の下に注入し若々しい印象にさせます。逆に目の下にふっくらとボリュームを出して涙袋を形成することで、自然で優しい印象の目元にすることもできます。芸能人には涙袋のある方が多く、若々しさや愛くるしさの重要なポイントになっています。
 ⑤インディアンライン(ゴルゴライン) 目の下から頬にかけて現れるインディアンライン。見た目年齢を若くし、ハリのある肌を取り戻します。
 ⑥頬 こけた頬をふっくらさせたり、左右のアンバランスを修正できます。また、頬骨の位置を上げるリフトアップも可能です。
 ⑦ほうれい線  鼻の脇から口角にかけてほうれい線。注入箇所をふっくらとさせ、しわを目立たなくすることができます。
 ⑧口角 下がった口角をふっくら目立たなくさせます。
 ⑨ ⑩鼻 鼻根部を持ち上げる、鼻筋を通す、鼻全体を高くする、ワシ鼻を矯正するなど、さまざまな手法があります。顔のメリハリを演出するには、鼻のバランスを調整するのが一番効果的です。
 ⑪唇 薄い唇に注入を施してふっくらと厚みを増し、柔らかく温かな印象にします。
 ⑫アゴ やや固めのヒアルロン酸を注入し、アゴを前面に出すことによって、シャープで知的な大人っぽい印象の顔立ちになります。
ヒアルロン酸注入部位


東京ロイヤルクリニックのヒアルロン酸
当院では2種類のヒアルロン酸を、様々な硬さで取り揃えております。
それぞれに機能や特徴が異なりますので、患者様のご希望と状態にあわせて使い分けます。注射器で皮下に注入するという手法は変わりません。
注入そのものは10分程度で終わります。術後はしばらく患部をクールダウンし、肌を落ち着かせて完了です。メイクや洗顔、入浴は基本的に施術当日からOKです。
治療後の通院やケアは不要ですが、不安な方やアフターフォローをご希望の方はお気軽にご相談ください。施術から一週間以内は無料にてメンテナンスをいたします。

東京ロイヤルクリニックでは、次世代ヒアルロン酸「BELOTERO ベロテロ」と世界の美容外科で最も使用されている「テオシアル」を採用しています。 10社以上の製薬会社がヒアルロン酸製剤を生産しており、それぞれ粒子量によって硬さが異なります。目の下など皮膚の薄い部位のシワには柔らかく粒子が細かいヒアルロン酸が、頬のリフトアップやあごの形成にはハードなヒアルロン酸が最適です。また深い溝のシワで、しっかりと持ち上げなくてはならない場合には、中程度の硬さのヒアルロン酸を選択する必要があります。

BELOTERO テオシアル

ヒアルロン酸はもともと私たちの体内にある成分で、高い保水能力を持ちます。アレルギーの心配がなく、美容医療の分野ではさまざまな用途に活用されています。
「BELOTERO ベロテロ」は最新のヒアルロン酸で、第4世代と呼ばれています。滑らかに皮膚の繊維間に浸透するため肌によくなじみ、とてもナチュラルな仕上がりになります。通常は注入から三ヶ月ほどで少しずつ体内に吸収され、効果が失われていくのですが、当院では吸収の遅い最高級の「BELOTERO ベロテロ」を使用しています。そのため半年から一年という長期間にわたり、効果を維持してくれます。もちろん、定期的なメンテナンスを行うことで、その効果を継続させることも可能です。
また、ヒアルロン酸は体内に吸収される際、周辺の組織に潤いを与えてくれますから、より高い若返り効果を期待することもできます。


「マジックニードル」で痛みなく注入しませんか?
マジックニードル

「マジックニードル」とは、腫れない、痛くない、内出血しない―という特徴を持つ先の丸い針です。針というよりサイドホール(横に穴)のあるカニューレといったほうが正確です。
最初にマクロな針穴を開けてから、マジックニードルを挿入して薬剤を注入します。 皮下組織や血管を切ることがないので、痛覚を刺激したり出血することがありません。
ヒアルロン酸注入で使用するとさらに自然な仕上がりになります。

※マジックニードルは別途費用がかかります


東京ロイヤルクリニック式注入法 注入法は一見、簡単そうに見えるものの難しさがあります。肌の微妙なカーブを考慮し、光を集める部分と影になる部分を見きわめたうえで、注入箇所や量をコントロールしなくてはなりません。当院では注入症例2万件以上の実績を持つ院長が、当院ならではの「東京ロイヤルクリニック式注入法」を行っています。患者様ごとの状態に合わせて注入する部位、深さ、量等を決定し、バランスよく注入します。また注入の際にはエントリーポイント(挿入場所)に微小な穴をあけ、痛みが少なく内出血を起こしにくい先の丸いマジックニードルを挿入して、ゆっくりと丁寧に注入します。ヒアルロン酸には麻酔薬が配合されていますので、痛みに敏感な方でも心配はいりません。

最高品質のヒアルロン酸を使用 当院では最も滑らかでかつ吸収されにくい、最高級の次世代ヒアルロン酸『BELOTERO ベロテロ』と世界で最も使用されている『テオシアル』を採用しています。さらに注入部位によってヒアルロン酸の種類を変え、繊細な仕上がりを目指します。

院長自らのフィラーデザイン 顔面皮膚に精通した形成外科医である院長自身が、患者様一人一人に最適なフィラー(=注入)デザインを行います。どこをどうしたいのか、何でもお気軽にご相談下さい。ご希望に沿った注入プランをご提案いたします。

他院の修正治療にも対応可能 他のクリニック様でのヒアルロン酸注入で「凹凸になってしまった」「しこりになった」というトラブルを、しばしば耳にします。そうした場合の修正治療も、当院なら対応可能です。ヒアルロン酸分解薬を注入して凹凸やしこりを解消し、さらにその後のヒアルロン酸注入も施術して形を整えることもできます。

施術の手順 1)診察し、顔のバランスや陰影を見ながらご希望をしっかり伺います。
2)どんな施術が最適か判断し、患者様に丁寧にご説明します。
3)患部の写真を撮り、現状を記録します。
4)注入ポイントにマーキングします。
5)高濃度麻酔クリームを浸透させた後、極低温麻酔を施します。
6)十分に麻酔が効いたところで施術します。
7)施術後、鏡でチェックしていただき、必要に応じて微調整します。




クリニック診療日カレンダー

専門ドクターが何でも回答!Q&A
LINE@
メルマガ
スキンリプログラミング
トライアルキャンペーン
モニター募集
発毛web
hatsumo-web.jp
提携クリニック にし整形外科
東京ロイヤルクリニック
東京都港区南麻布5-15-20 フラワーマンション804 内観1 内観2 内観3

東京広尾 地下鉄日比谷線広尾駅天現寺出口で降りていただき、サンクスと寿司屋三崎港の間の小道を入りすぐ右から入れます。オートロックがありますので’804’と押して下さい。すぐにドアが開きますので、そのままお入り下さい。→詳しい地図はこちらから


COPYRIGHT 2016 TokyoRoyalClinic. ALL RIGHT.RESERVED.
広域マップ