シミ取りレーザー – 眼形成、リフトアップ、AGA治療なら東京ロイヤルクリニック

シミ取りレーザー

シミ治療の定番。シミと一口に言っても肝斑、老人性色素斑、そばかす、後天性メラノサイトーシスなど様々な診断があり、専門的に治療をするにはレーザー治療が不可欠です。
シミのメラニンに効くQスイッチレーザー照射して反応させて薄くします。

シミの治療とは

専門的診断+レーザー治療+内服などのコンビネーション

シミには肝斑、老人性色素斑、そばかす、後天性メラノサイトーシスの4つがあり、さらにそれらが混在したりします。その状況を正しく診断してレーザー照射治療することが治療の重要な点です。

当院では『QスイッチYAGレーザー』は532nmと1064nmの2波長を切り替えることができ、シミの種類、深さ、範囲によって設定を変更すること効果を高めることができます。さらに出力も強く、トップハットビームというキレの良い新しいレーザーで高い治療効果を持ちます。

レーザーによってシミのメラニン色素にダメージを与えて治療します。

シミ取りはレーザーだけでは終わりません。シミを取った後の色素沈着を抑えるヒーライトや美白にもどしていくシミ取り注射、シミを作りにくくするシナールやトランサミンなどの内服をコンビネーションすることで理想的なシミ治療になるのです。

レーザー治療の手順と経過

①まず正確な診断でシミの状況をみて最適なレーザーの設定にします。

 

②レーザー照射治療

シミの周りからレーザーを当てていきます。パチンと音はしますが、痛みはありません。照射したシミの部分は白く浮き上がります。そこに肌色シールを貼って終了になります。

③その後の経過

シミは2週間かけてカサブタになり自然に脱落していきます、決して自分から無理に剥がさないようにしてください。脱落した部分に赤黒い色素沈着が残りますが、1ヶ月かけてゆっくりと皮膚内にあるマクロファージがキレイにしてくれます。

その後のコンビネーション治療として

  • シミ取り注射で、美白効果を高める
  • ヒーライトⅡで、色素沈着を落ち着かせる
  • シナールやトランサミンの内服で、シミを作らないようにする

3つのコンビネーションケアでシミ治療をパワフルなものにします。

施術時間 3〜5分
麻酔 冷却パック麻酔、高濃度麻酔クリーム、笑気麻酔
ダウンタイム 2週間から1ヶ月
お薬 なし
通院 5回ほどは治療を続けることをオススメします
その他 施術で生じたかさぶたなどは無理にはがさず、自然に剥がれるまで待ちましょう。
日焼けを避けてください。
治療した場所の直接のお化粧は控えてください。

一緒にやるのにオススメな施術

  • シミ取り注射
  • ヒーライトⅡ

料金表

メニュー 内容 値段
Qスイッチ『シミ取り』レーザー 1cm×1cm以内1個 ¥10,000
 +5mmごとに ¥5,000
icon

クリニック情報

クリニック情報

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-20
フラワーマンション804

地下鉄日比谷線広尾駅1番出口を出て、みずほ銀行の先のネイルクイックと寿司三崎港の間の小道を入った右手に入口がございます。

受付時間:16:00~21:00
定休日 :火曜、日曜、祝日

icon

診療時間・休診日

夜9時までの準夜間保険診療!
急に具合が悪くなったらまずはお電話ください。

16:00 ~ 20:00
20:00 ~ 21:00

※当院は完全予約制ですので、予めお電話でご予約の上ご来院ください。
当日ご予約受付時間は午後8時半までとなります。


ご来院時、スムーズな対応をさせていただきたいので、ご予約のお電話の際は、簡単に症状をお聞かせください。