目の上の凹み治療 – 眼形成、リフトアップ、AGA治療なら東京ロイヤルクリニック

目の上の凹み治療

目の上の凹みは老けた眼の印象を与える代表的な症状です。ヒアルロン酸もしくは脂肪注入して凹みをなだらかにする治療が最適です。

目の上の凹みを治す2つの方法

目の上の凹みは加齢や体質によるROOF(眼輪筋下脂肪)および上眼窩脂肪のボリュームダウンが原因です。それを治して若々しい眼にするには2つの方法があります。

  1. ヒアルロン酸注入
  2. 脂肪注入による方法

ダウンタイムが短く負担が少ないのはヒアルロン酸を注入する方法です。
上まぶたの柔らかさに馴染みやすいヒアルロン酸を使用して凹みに注入します。効果はすぐにわかり、ゆっくりと吸収されるので持続期間は6ヶ月から1年です。一時的な効果と思われるかもしれませんが少しずつ追加することによってかなり長期間保たせることができます。

内出血の起こしにくいマイクロカニューレを使用して注入することをオススメします。(別途費用あり)

②自分の脂肪を注入する方法です。下腹部の脂肪の多い場所から脂肪吸引します。

お腹のへそから5mmほど穴を開けてから薄くした麻酔液を注入してシリンジ法という痛みの少ないマイルドな脂肪吸引をおこないます。吸引した脂肪は注入用に特殊加工して上まぶたに注入します。

自分の脂肪なので異物反応が起きませんし、生着しますので効果は半永久的にあります。

吸引した穴は埋没縫合で塞ぐので抜糸の必要がありませんし、へそに隠れるので傷は目立ちません。

ナチュラルかつ安全性の高い施術になります。

 

ロイヤルクリニックのこだわり

最も重要なことは、正しい場所と深さに注入すること

先ほども書きましたが、目の上の凹みは加齢や体質によるROOF(眼輪筋下脂肪)および上眼窩脂肪のボリュームダウンが原因です。

凹んだ部分にボリュームダウンした容量を注入すれば若々しい眼の頃に近づけることができますが、注入する場所が浅すぎるとボコッと膨らみすぎるし、深すぎると眼球を痛めるリスクがあります。また解剖学的に間違った場所に注入するとまぶたを挙げるのを邪魔してしまってまぶたが下がることもあります。

ロイヤルクリニックでは連日連夜、注射や注入症例が何十件も入っていますので、ROOF(眼輪筋下脂肪)および上眼窩脂肪のある正しい場所と層に注入するテクニックには自信があります。

 

施術時間 ヒアルロン酸注入だと10分、脂肪注入だと60分
麻酔 局所麻酔、ブロック麻酔、笑気麻酔
ダウンタイム どちらも約1週間
お薬 抗生剤、抗炎症剤
通院 来院の必要なし
その他 脂肪吸引するために開けた穴は埋没縫合するので抜糸の必要はありません。

こんな人に向いています

  • 目のへこみで老けた人
  • もともと顔のほりが濃い人
  • 顔の脂肪の少ない人
icon

クリニック情報

クリニック情報

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-20
フラワーマンション804

地下鉄日比谷線広尾駅1番出口を出て、みずほ銀行の先のネイルクイックと寿司三崎港の間の小道を入った右手に入口がございます。

受付時間:16:00~21:00
定休日 :火曜、日曜、祝日

icon

診療時間・休診日

夜9時までの準夜間保険診療!
急に具合が悪くなったらまずはお電話ください。

16:00 ~ 20:00
20:00 ~ 21:00

※当院は完全予約制ですので、予めお電話でご予約の上ご来院ください。
当日ご予約受付時間は午後8時半までとなります。


ご来院時、スムーズな対応をさせていただきたいので、ご予約のお電話の際は、簡単に症状をお聞かせください。