眉毛下切開(眉毛下リフト) – 眼形成、リフトアップ、AGA治療なら東京ロイヤルクリニック

眉毛下切開(眉毛下リフト)

眉毛の下のたるんだ肌を切除して奥からまぶたをリフトアップします。眉毛が脱毛しない斜切開法により皮膚を切除して、内部に特殊なリフトアップ処置をしてスッキリした眼にします。
二重のラインを切らずに二重のラインがはっきり見えるようになり、目尻に強調される肌たるみを解消して若々しくなります。

眉下切開(眉下リフト)とは

  • 上まぶたを切らない
  • 傷跡が眉毛に隠れるため目立たない
  • たるみを取ってリフトアップ、二重のラインがくっきりする

眉毛下切開を超えた『眉毛下リフト』

年齢を重ねると瞼の皮膚がたるんできます。特に目尻のほうからたるみがひどくなってくるので二重の幅がせまくなったり目が開きにくくなったりと、老けた印象をあたえてしまいます。

眉下切開は眉毛の下方にまぶたのたるんだ幅でナチュラルな曲線にデザインして皮膚を切除して丁寧に縫合します。従来の方法では目尻側のたるんだ皮膚をとって縫合するだけのものでしたので、内側に引きつれができたり内側からのリフトアップ効果がないという問題点がありました。

そこでロイヤルクリニックでは眉毛下切開を改良した『眉毛下リフト』をおこなっています。

まずデザインからこだわり、目頭側から目尻までスムーズな曲線ラインを取り、幅も内側から外側に自然に広がったナチュラルな形に症例ごとに合わせてデザインします。

切開は眉毛の下のラインから斜めに切開して脱毛しないように特殊なカットをします。眉毛の毛の流れは途中で切り替わっておりますのでそのカットラインは非常に気を使います

皮膚を筋膜上で切除したあと、眉毛の直下の骨膜まで3mmほど穴を開けてまつげ側の皮膚断端に引っ掛けて奥からまぶたを『リフトアップ』させます。皮膚だけを縫合するに比較して硬い組織で固定する分、従来のやり方ではなかったリフトアップ効果をだして目の開きをよくしたり二重の幅がくっきりさせます。

最後に丁寧に時間をかけてマイクロ縫合します。傷は眉毛の中に隠れますので目立たない仕上がりになります。

 

ロイヤルクリニックのこだわり

眉下リフトで眼をキレイにするための3つのこだわり。

  1. 眉毛が抜けないような切開法
  2. 外側だけでなく内側まで引っ張れるデザイン
  3. 一番奥ある硬い組織である骨膜にかけるリフトアップ効果

脳神経外科では頭皮を切開することが多く、毛の流れに逆らったメスの使い方をすると脱毛がおきて傷跡が目立ってしまうことがあります。そのために毛包を傷つけないように斜めに切る技術が生まれました。これは綺麗に縫合をすることが難しくなるので縫合技術が伴っていないとできないことです

また、当院ではデザインにもこだわりを持っています。

眉下の内側から外側までその方にあったデザインを細かく相談しながら決めていきます。その方の肌のたるんだ程度やまぶたの開き方で一人一人に合わせたオーダーメイドデザインになります。

たるんだ肌を切除してただ縫い合わせただけではリフトアップ効果にはなりません。そこでまつ毛側の皮下組織と眉毛下方の奥にある骨を包む『骨膜』という硬い組織に特殊な糸をかけて皮下組織を引き上げて固定することで、半永久的なリフトアップ効果をだします。

 

施術時間 60分から80分
麻酔 局所麻酔、ブロック麻酔、笑気麻酔
ダウンタイム むくみは3週間、傷が目立たなくなるまで3ヶ月
お薬 抗生剤、抗炎症剤
通院 5日から7日後に抜糸のため来院の必要あり
その他  

こういう人にオススメ

  • 二重まぶたに傷をつけたくない人
  • 目尻の皮膚がたるんで二重にかぶっている人
  • 腫れぼったいまぶたの人
  • 一重の人
  • 海外の人のような濃い目になりたい人

一緒にするのがオススメの施術

icon

クリニック情報

クリニック情報

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-20
フラワーマンション804

地下鉄日比谷線広尾駅1番出口を出て、みずほ銀行の先のネイルクイックと寿司三崎港の間の小道を入った右手に入口がございます。

受付時間:16:00~21:00
定休日 :火曜、日曜、祝日

icon

診療時間・休診日

夜9時までの準夜間保険診療!
急に具合が悪くなったらまずはお電話ください。

16:00 ~ 20:00
20:00 ~ 21:00

※当院は完全予約制ですので、予めお電話でご予約の上ご来院ください。
当日ご予約受付時間は午後8時半までとなります。


ご来院時、スムーズな対応をさせていただきたいので、ご予約のお電話の際は、簡単に症状をお聞かせください。