眼瞼下垂手術 – 眼形成、リフトアップ、AGA治療なら東京ロイヤルクリニック

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂とは目を開ける筋肉が緩むことで、上まぶたが下がっている状態です。それによって額の筋肉を使って上げようとするので額にシワができます。さらに視野が狭くなったり、眼に力が入って肩こりや頭痛がおきることがあります。
眼瞼下垂手術とは、二重ラインで切開してたるんだ余分な皮膚を取りつつ、奥にある緩んだ筋肉を縫い縮めることによって目の開きをよくする手術です。結果として黒目が大きくぱっちりをした目になります。また美容的に理想的な二重のラインを作ることができます。

眼瞼下垂手術とは?

眼瞼下垂の手術とは最も眼をキレイに仕上げる総合的な手術です。

眼瞼下垂とは上まぶたが垂れ下がり、常に目が完全に開ききっていない状態が眼瞼下垂です。これはまぶたを持ち上げる眼瞼挙筋の働きが弱まることで起こります。目つきが悪く見えたり眠そうに見えたり、見た目に良いものではありません。
また眼瞼下垂によるマイナスは見た目だけではありません。上まぶたが持ち上がらなくなると、当然視界は狭くなります。それを補うため、無意識のうちに額の筋肉(前頭筋)を使って目を開けようとします。すると額の筋肉が常に緊張した状態になり、シワが増えたり、頭痛や肩こりを引き起こします。

眼瞼挙筋の働きが弱まる理由は、眼瞼挙筋と瞼板(まつ毛のあたりにある硬い軟骨)をつなぐ挙筋腱膜が伸びて緩んでしまうため筋肉の力が伝わらなくなるからです。

従来の眼瞼下垂の手術は二重のラインで切開して眼瞼挙筋と瞼板を結ぶ挙筋腱膜を短くして、まぶたの垂れ下がりを引き上げるだけでしたが

美容形成外科の進化によって3つのメリットを出すことができます。

  • まぶたを開きやすくして、黒目をぱっちりさせる
  • 二重のラインをくっきり作る
  • 目の上の余分な脂肪を取ってスッキリする

さらに、ひたいのシワの改善、肩こりや頭痛の改善といった副次的な効果をも生み出す。

眼瞼下垂+二重切開法+目の上脂肪取り=ロイヤルクリニックの眼瞼下垂手術

機能的にも美容的にも改善した眼の総合的な手術となっています。

眼瞼下垂手術の方法とは?

信州大学形成外科の松尾名誉教授の開発した松尾式と呼ばれる眼瞼下垂手術にさらに眼科形成外科の経験をプラスして改良を加えた方法で行なっています。

まず希望の二重のラインになるように切開線をデザインをして、たるんだ皮膚の幅で切除します。

さらに奥にある眼窩隔膜を切開して余分な脂肪を引っ張りだしつつ上眼瞼挙筋と挙筋腱膜を露出します。脂肪が多い場合は切除します。

そのあとに各種抵抗成分(下位横走靭帯や挙筋腱膜外角など)のリリース(つっぱりを解除)をして挙筋腱膜を引き出して元にあったであろう長さの部分で瞼板に縫合固定します。この時点で眼の開きが良くなります。左右の開き具合をみて調整します。

最後に、引き出された挙筋腱膜の断端が余りますので、その挙筋腱膜の断端をまつ毛側の皮下に縫合して目を開いたときに理想の二重のラインになるように形成します。

もちろん一人一人のまぶたの状態が異なりますので、その方に合った手術操作をしてまぶたの開きをよくして二重を作っていきます。解剖学に精通していて、かつ繊細な手技が必要とされる手術になります。

施術時間 60分から90分
麻酔 局所麻酔、ブロック麻酔、笑気麻酔
ダウンタイム 大きな腫れは7日、傷が目立たなくなるまで3ヶ月
お薬 抗生剤、抗炎症剤
通院 5日から7日後に抜糸のため来院の必要あり
その他  

症例写真

▼20代女性

施術内容:腫れぼったい上まぶたに悩まれておりました。ナチュラルな平行二重のラインを希望されていたので必要な皮膚の幅を切除して、まぶたを上げるための眼瞼挙筋腱膜を短くして瞼板に縫合して、まぶたを開きやすくして黒目をぱっちり出すようにしました。

施術リスク:内出血、腫脹、感染、ドライアイ、傷跡

症例写真

▼40代女性

施術内容 まぶたがほとんど開かず、視界が狭い状態でした。また二重のラインもほとんど出ていません。二重のラインが出るようにデザインして皮膚切開をして余分な眼窩脂肪を引っ張りあげて切除した後、まぶたを上げる眼瞼挙筋腱膜の動きを抵抗する靭帯を切除して引っぱり上げて瞼板に縫合しました。目尻が下がってい他ので目尻に幅広いデザインをして目尻側が持ち上がるように処理しました。

施術リスク:内出血、腫脹、感染、ドライアイ、傷跡

こういう人にオススメです。

  • 黒目をぱっちりさせたい人
  • まぶたが開きにくい人
  • 眠そうな眼をしている人
  • おでこにシワがよる人
  • 視界が狭い人
  • 肩こりや頭痛で悩む人

詳しく眼瞼下垂を知りましょう。

より詳しく眼瞼下垂について解説します。

眼瞼下垂症とは、まぶたを上げる筋肉に問題が起きて、まぶたが下がる疾患です。

まぶたを持ち上げる筋肉を「眼瞼挙筋」といいます。
まぶたの中には、「瞼板」という薄い板のような軟骨があり、これによってまぶたの形が保たれています。眼瞼挙筋は、この板を引っ張ることで、まぶたを持ちあげているのです。

この眼瞼挙筋と瞼板は『挙筋腱膜(アポニューロシス)』という膜状の組織によって繋がっています。厳密には異なりますが、アキレス腱のように思っていただいてもいいでしょう。

挙筋腱膜が伸び切ってダルダルになると眼瞼挙筋が頑張って収縮しても瞼板を十分に引っ張れなくって、しっかり目を開くことができなくなります。
すると、黒目の上にまぶたがかぶさったような状態になり、視界が悪くなってしまいます。
眼瞼下垂が起こった場合、気づかないまま、まぶたを眉毛ごと持ち上げて視野を広げようとします。その結果、眼瞼下垂が進行していきます。

ではなぜ挙筋腱膜が伸び切ってしまうのか?

老化、物理的な刺激(まぶたをこする、コンタクトレンズの長期使用)などにより挙筋腱膜が劣化し、伸びてしまいます。さらに腱膜の劣化が進行すると、まぶたの縁にある軟骨である瞼板(けんばん)から挙筋腱膜がはずれていきます。

その結果、眼瞼挙筋の力が伝わりにくくなり、まぶたが持ち上がりにくくなります。

これを後天性の眼瞼下垂つまり『腱膜性眼瞼下垂症』といいます。両眼の場合もあれば、片眼のみ場合もあって左右差が目立つこともあります。

眼瞼下垂は額のしわや肩こり、頭痛の原因にもなります。

眼瞼下垂は整容的に『眠そうな目』になったり視野が狭くなったりするだけではありません。

眼瞼下垂になると挙筋腱膜の裏にある薄いミュラー筋と呼ばれる補助的な筋肉が刺激され脳幹を通じて前頭筋を使って額にしわを寄せてまぶたを開けようとします。ミュラー筋はさらに交感神経を刺激する機能を持っているため交感神経刺激症状(睡眠障害、めまい)を引き起こしたり、後頭筋の緊張を促すため頭痛や肩こりになることもあります。

つまり眼瞼下垂が進行すると、眼瞼挙筋のチカラに頼れなくなります。それを補うべく、前頭筋やミュラー筋の力によるバックアップ(代償機構)が働きますが、これが額のシワ、頭痛、肩こり、めまいなどの症状も同時に引き起こしてしまうのです。

ゆえに眼瞼下垂を治すことは、そういった症状をも治すことにつながるのです。

料金表

メニュー 内容 値段
眼瞼下垂 挙筋腱膜前転法 ¥430,000
icon

クリニック情報

クリニック情報

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-20
フラワーマンション804

地下鉄日比谷線広尾駅1番出口を出て、みずほ銀行の先のネイルクイックと寿司三崎港の間の小道を入った右手に入口がございます。

受付時間:16:00~21:00
定休日 :火曜、日曜、祝日

icon

診療時間・休診日

夜9時までの準夜間保険診療!
急に具合が悪くなったらまずはお電話ください。

16:00 ~ 20:00
20:00 ~ 21:00

※当院は完全予約制ですので、予めお電話でご予約の上ご来院ください。
当日ご予約受付時間は午後8時半までとなります。


ご来院時、スムーズな対応をさせていただきたいので、ご予約のお電話の際は、簡単に症状をお聞かせください。