二重切開法 – 眼形成、リフトアップ、AGA治療なら東京ロイヤルクリニック

二重切開法

二重切開法とは、まぶたを切って内部処理して長持ちでしっかりした二重まぶたを作る手術です。ナチュラルなラインに左右を揃えて、さらにまぶたの肌たるみをとってスッキリしさせて内部を特殊な処理をして固定力の強い二重を作ることが可能です。

二重切開法とは

ロイヤル式の切開法とは

瞼のたるんだ肌を除去して、内部構造から二重のラインをスッキリ形成して美しい眼を作る手術です。

年齢や体質で瞼の皮膚がたるんでくると二重の幅が狭くなったり三重になったりしませんか?

二重全切開では、まぶたに慎重にデザインして希望する二重のラインになるように切開し、余分な二重のたるみ幅を切除します。それから瞼の内部の処理を行います。

まずは眼輪筋を除去し、眼窩隔膜と呼ばれる腱膜の一部を切開します。すると目の上の脂肪が出てきますので余分にある場合は切除します。そして眼窩隔膜を反転してまつ毛側の真皮層につなげるように糸で縫合します。この内部処理によって、目を開いた時にキレイに二重ラインがでるようなります。

最後に表皮を形成外科的にマイクロ縫合して終了です。

瞼によっては瞼板の上に乗っかっている瞼板前組織が多いとキレイな二重になりにくいのでトリミング(減量処理)します。

従来の切開法とは異なり、たるんだ瞼の皮膚を切除して眼輪筋に縫い付けるだけのシンプルな方法ではなく

内部から解剖学的に二重のラインが強固にできるように処理しつつ、必要に応じて目の上の脂肪や瞼板前組織を除去して美しい眼を作るための二重切開法。これは美容外科だけでなく形成外科、眼科領域まで精通していないとできないことです。

ロイヤルクリニックのこだわり

切開法を確実にキレイにするための3つのこだわりもあります

  1. 心臓外科でも使用される高級糸という道具、手術機材へのこだわり
  2. デザインへのこだわり
  3. 無痛へのこだわり

当院では心臓手術でも使用される異物反応が極めて少ない高級な糸のみを使用しています。さらに切開法で挙筋腱膜を固定する糸や表皮を縫合する糸は6−0の太さではなく、さらに10分の1の細さを誇る7−0という単位の極細のもので施術するので瞼の内部の違和感が全くでません。

また最新の高周波メスやマイクロ手術で用いられるような通常のクリニックでは使用しないような高価な手術器具を取り揃えておりますので、より繊細な手術ができるようにしております。

切開法でご心配される痛みに関しても徹底的なこだわりを持っております

まず点眼麻酔で眼球表面と糸を通す瞼の裏側に浸潤麻酔を施します。そのあとナノニードルにより痛みを感じにくいようにpH調整された局所麻酔液を注入します。垂直挿入法により挿入痛を緩和し、ゆっくりと注入することで注入痛を極力減らします。

その後5分ほど麻酔を染み渡らせる時間を取ります。以上の段階を踏んで初めて施術にあたりますので瞼を動かされている感じはあっても痛みは全くありません。

もしさらにご不安感がある方には笑気麻酔機『サイコリッチ』(別途費用あり)のご用意もあります。

個々のバランスに沿った美しい二重のデザイン

二重といっても平行型から末広がり型まで5種類に分類され、かつ個人個人で顔のバランスが違うので似合う二重の種類も幅も異なります。目の手術はデザインが成功の80%しめるものですのでご希望のデザインをよく相談して眼科、美容形成外科的に理想のデザインを決めていきます。

当院では定期的にメイキャップアーティストによる勉強会を開いて、より美的バランスに優れたデザインができるように日々向上を努めています。

積極的に他院修正も受けております

他院での納得のいかなかった二重切開や、術後トラブルについても対応していきます。

二重の状態や、どこのクリニックの手術をしたのかをお伝えいただければ、ではどう直したらいいのか、というところまで診察や情報でイメージをつけることができます。

また当院で受けなくてもセカンドオピニオンとして相談したいというのも積極的に対応いたしますのでお気軽にご連絡ください

施術時間 40分から60分
麻酔 点眼麻酔、局所麻酔、笑気麻酔
ダウンタイム 1ヶ月から3ヶ月
お薬 抗生剤、抗炎症剤
通院 5日から7日後に抜糸のため来院の必要あり
その他  

埋没法と切開法のメリットデメリット

二重を形成するのに『埋没法』がありますがお手軽であるである代わりに

  • 糸が外れたり緩んだりして元に戻りやすい
  • 肌のたるみは取れないのでできる二重に限界がある

埋没のデメリットはそのまま切開法のメリットになります。

切開法のメリットは、肌のたるみを切除して、内部から強力に固定してしっかりした二重を形成できることです。痛みは麻酔液をしっかり効かしますから埋没法とはあまり変わりませんがダウンタイムは埋没法の3倍はかかると思ってください。また埋没を違って切開することは元に戻せないものになります。

形成外科、美容外科としてはしっかりと二重が形成できるうえにたるみも取れますから人によっては切開法の方がオススメな部分もありますのでカウンセリングではそこまで話すこともあります。

 

こんな人にオススメです

  • ダウンタイムが少なく切らずに二重になりたい
  • 二重切開を考えているが時間のない人
  • 毎日アイプチするのが大変な人

一緒にするのにオススメな施術

icon

クリニック情報

クリニック情報

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-20
フラワーマンション804

地下鉄日比谷線広尾駅1番出口を出て、みずほ銀行の先のネイルクイックと寿司三崎港の間の小道を入った右手に入口がございます。

受付時間:16:00~21:00
定休日 :火曜、日曜、祝日

icon

診療時間・休診日

夜9時までの準夜間保険診療!
急に具合が悪くなったらまずはお電話ください。

16:00 ~ 20:00
20:00 ~ 21:00

※当院は完全予約制ですので、予めお電話でご予約の上ご来院ください。
当日ご予約受付時間は午後8時半までとなります。


ご来院時、スムーズな対応をさせていただきたいので、ご予約のお電話の際は、簡単に症状をお聞かせください。