ボクシング | 眼形成、リフトアップ、AGA治療なら東京ロイヤルクリニック

大晦日格闘技で私が一番興奮したのは『田中VS井岡』

またまた、女性には全く興味のない話題を書きますー、、、、

大晦日に格闘技の大会をするのが当たり前になって何年が経ったのでしょうか。一番熱いときにはK1、プライド、猪木ボンバイエの3つの舞台を同時に中継でしたからね、、、チャンネルを試合ごとに変えたり、テレビを二つ用意してなんとか同時に見たりした時代からはだいぶスケールダウンしていましたが、やはり面白いものです。

今年の格闘技での話題は、やはり堀口恭二の凄さですよね。怪我で1年4ヶ月後のリベンジ戦、カーフキックというローキックのある種類で狙ってのまさに攻略、、、足の膝下外側は腓骨神経があるので圧迫などダメージを受けると痺れちゃうんですよね。これはきつい、、まず痺れて立てなくなります。また、これに対策するとすれば、シンプルにスネを外側に向けてローキックを上手く受けること、これができれば驚くほど全く痛くないんですが、、、そうなったらなったでまた対策をされるのでそんな簡単な話じゃないですよね。

膝で受ければ良いのかもしれませんがその辺りは細かなテクニックもありますし。カーフに対する対策が思いついたとしても実現できるキャパシティーは朝倉海にはまだなかったかもしれません。混沌としている格闘技界にドキドキしている自分がいます。

でもが、今回一番私が面白かったのは、国内ボクシング界の大一番、東京・大田区総合体育館で行われた。WBO世界スーパー・フライ級タイトルマッチ、世界4階級制覇の井岡一翔と3階級制覇の田中恒成が激突する試合でした。

ボクシング団体は大きなものは4つあり、階級はどんどん細かくなり、、正規王者、暫定王者、スーパー王者、休養王者と、10数年前に比べるとボクシング世界チャンピオンは十倍くらい増えたように思います。その分、当然として価値は下がったんじゃないかなって思います。ましてや軽量級で日本人対決にはいい加減辟易していましたが。今回の試合は熱いものがありました。

3階級制覇の田中恒成は、今回で世界最速の4階級制覇がかかり、知名度はないもののモンスター井上尚弥を凌駕する戦歴ではあります。また井岡は3階級制覇という今までの日本人にはありえない夢を叶えた選手であり、まさにボクシングエリート。ただし30代になりピークは超えた状態。

戦前は田中有利の評価で、コロナ渦でしたが田中の筋肉のつき方素晴らしく、試合始まってからの動きのキレも圧倒的でした。反応の早い左ジャブをサクサク放つ田中に対しては、井岡は反射スピード、パンチスピード、フィジカルの全てが劣っていたように見えました。

しかし、昔3階級制覇がかかった時にテクニックに翻弄されて負けたことのある井岡、その後離婚を経て、海外デビューしたことは知っていましたが細かいことはわからないにしても左腕にタトゥーと刻んで海外っぽい髪型をしていたことに違和感があったことは否めません。

試合は田中の調子の良さが目立ちます、しかしよく見直してみると距離をわざと田中の距離でパンチを受けて、上半身のバネでいなしつつ立ち位置をずらしつつ

田中にパンチを打つ時には正面に立って田中のガードの内側を打つ状況を作り出していました。 ガードの方法も相手からは半身になってて非常にパンチの当てづらい立ち位置をキープしていました。

4ラウンドくらいになると、、、、、上半身でパンチを受けつつ、田中にわからないようにゆっくりと下半身を近づかせて相手に近づけさせて

打たれた時に打ち返すスピードを次第に早めていきました。これが田中の反射神経を凌駕し打ったら打たれる、、カウンター気味に入っていく状況となりました。

しかも手数も下パンチ、上アッパー、左右フックと引き出しが多いのに比べ、パンチをもらい次第に距離感を失った田中は攻撃方法が単調になっていきました

もちろん自力は田中の方が上かと思います。後半の最後の最後は田中の必死の連打に振り回される井岡もいました。

しかし、さすが天才井岡、、最後はきっちり正面からストレートを与えてダウンを取って見事なKO!老獪なテクニックで若いチェレンジャーを翻弄することはあっても完全にダウンを取るのは案外できないことです。まさに玄人好み。

ピークを超えたパッキャオが現役バリバリの無敗のチャンプに年齢に則った戦略でダウンとって勝利を収めた試合に構図が似ていて、とても面白かったです。

ボクシングって知れば知るほど、2本の腕でパンチを撃ち合うんではなくて、動きとパンチを使って自分のペースや陣地取りをするイメージのゲーム性の強いものとわかります。日本人選手にはそういった印象が少ないのですが、今回井岡選手はステップといい外見といい、、ほとんど海外の選手と言っていいくらいのプレイスタイルでしたね。

お互いのベストと尽くして、かつ勝敗が明確についたことはお互いの選手にとってもいい事だと思います。いやー、素晴らしい試合でした。

井岡は、そもそも細めのボクサーで八重樫と対戦した時には精密な機械というイメージでした。3階級制覇がかかった試合で老獪なボクシングに翻弄されて負けて以来

海外でのデビューで去年のタイトルマッチで相当な変化を遂げているとは思いましたが、ついに花開いたんだなあ、、、と一ボクシングファンとしては嬉しい限りです。

田中恒成も、今回にかなりのビルドアップや練習をしてきたことがわかりましたが

この敗戦を糧にもっともっと強くなって欲しいですね。

それにしても井上尚弥は、、負けることなく、ピンチピンチでも途中途中引き出しを出して勝利を掴み取っているんですよね、、やはりすごい。

 

絶賛モニター募集中!!

東京ロイヤルクリニックinstagram

 

夕方の美容外科、美容皮膚科

   『東京ロイヤルクリニック』

形成外科系クリニック、日比谷線広尾駅『徒歩30秒』の駅近

LINEからの予約がオススメです。


美容形成外科 『眼の手術と糸によるリフトアップを専門としています。』

希望にそったオススメの美容施術ページにリンクしております!ロイヤル式埋没二重、眼瞼下垂、目頭切開、目尻切開、グラマラス形成術、目の下脱脂など様々な眼形成術に特化しております。

①二重のラインを広げたい 

 

②目の下のクマが消したい

 

③まぶたを開きやすくしてパッチリ二重のデカ眼になりたい 

 

④タレ目や切れ上がった目になりたい

眼美容を専門にした形成外科専門医から話を聞いてみてはいかがでしょうか? 


法令線、マリオネットラインを解消する最高のメニューを揃えております。

①ショッピングスレッド:肌ツヤアップに、たるみ予防

 

②『ロイヤルリフト』:バッカルファットを持ち上げる新しい方法のスレッドリフトです。

 

③効かせる脂肪溶解注射!『カベリン注射BNLSneo注射LINEfit注射

④最新のHIFUマシン『ウルトラセルQプラス』

 

⑤毛穴やゴツゴツ肌をツル肌にしていく究極の美肌施術『ダーマペン4』

・保険診療も対応可


『プロのAGA治療を受けてみませんか?』

 頭皮プラセンタ注射ヘアフィラー療法

女性の薄毛治療にも力をいれています!


六本木、青山、西麻布、恵比寿、目黒、渋谷、銀座からアクセスの良い『広尾駅前徒歩30秒』 

LINEでの予約を受け付けています!!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

にほんブログ村

育毛・発毛 ブログランキングへ

ボクシング井上が勝った!!!!

井上尚弥の勝利、、、凄かったですね!

ボクシングに興味がない方、女性のほとんどの方には全く響かない井上の勝利について全くの趣味でブログで書きますね。

大学時代にボクシング経験があるのでついつい熱くなってしまいます。特に、今回の井上尚弥VSドネアは日本ボクシング史上最高レベルの試合なので当日はネット速報を見ないように徹底封鎖して診療終わって急ぎ帰って録画で観てました 😛 

井上尚弥の何がすごいのか?

モンスターの名称で呼ばれる井上尚弥の強さは、まさにボクシングエリート。

小学生の時にアマチュアでデビューして中学2年生に勝利して以来、高校7冠。                       高校時代に無双してプロでも活躍する選手はたくさんいましたが、井上は期待値が段違いでした。

何しろプロになる前からスパーリングという実践練習で名だたるプロを圧倒していたそうです。その辺りは世界ランカーの赤穂亮のユーチューブで語った話がすごく面白かったですね。高校生が?俺と?と思ったら強い強い、、、と。

私のボクシング時代の友達が、まだ幼いの井上尚弥をみてボクシングを辞めたくなったと言っていました 😆 

例えるなら、高校生が白鵬を押し出してるようなものです。

ドネア戦に至るでのストーリーが熱い

井上のB級ライセンスのプロ試験は当時の日本チャンプの黒田雅之、これも規格外です。普通はC級ライセンスのプロ試験を受けて、その時同じような体重のテスト生同士で戦うんですが、実績があるとB級ライセンスの試験を受けます。

その場合は相手にプロボクサーが呼ばれるんですが、現役チャンピオンが呼ばれることは今までになかったように思います。その黒田を試験でのスパーリングで圧倒してしまいます。おい!お前チャンピオンだろ!!とヤジが飛んでいたくらいでした。

そうやってプロになった井上は最短で日本チャンプ、世界チャンピオンになってしまいます。そして3階級制覇。ここまで来るのにも色々ピンチはあったのですが、恐ろしいのが世界チャンピオンになってからも成長を続けているところです。伸びしろの先が未だ見えません。

3階級制覇自体とんでもない偉業ですが、昨今のボクシングは、細かくなった体重別階級、世界チャンピオンでも暫定王者、正規王者、休養王者、スーパー王者と王座の乱発がおきていて本当にどこまで強いのか非常にわかりにくくなっています。

まあ、凄いけど、そのまま防衛戦を続けていくんだろうな。具志堅用高の13回防衛を超えるかどうか、くらいが目安なんだろうな、、という想いでした。

ところがワールドボクシングスーパーシリーズ(WBSS)が始まったのです。これは世界チャンピオンが多すぎるので、だったらチャンピオンもしくはそれに同等な選手同士でのトーナメントで、本当に強い選手は誰かと決める初の試みです。ボクシングでも団体がいくつかあるのですが、その団体も超えて選手を集めるという画期的なトーナメントです。

世界チャンピオンともなると、なかなかマッチメイクが決まらないので試合間隔があくし、世界ランカーから選んで戦う事になるので熱い闘いになりにくい。トーナメントであれば、試合間隔も短め、かつ常にタイトルマッチになるという凄まじさです。

これに井上が参加を表明したのですから、もうそれはそれは興奮しました。

そこからはモンスターの異名に違わず、1回戦、準決勝をスカ勝ちしてしまいます。そしてのドネアとの決勝戦となりました。

ボクシングにはビックマッチと呼ばれる試合があります。はっきりした定義はありませんが、階級が関係ないくらい強い選手と戦う試合とそう呼びます。ドネアとの試合は紛れもなくビッグマッチです。

ドネアはパッキャオ2世と呼ばれるほどのボクサーで5階級制覇という偉業を成し遂げた選手、相手の攻撃を読む力や間合いの取り方、コンビネーションの中からでる強烈な左フックが特徴で、ドネアをお手本にしている選手も沢山します、井上もその一人です。36歳ではありますが、パッキャオが40歳を過ぎても20代の無敗のチャンピオンにダウンを奪って勝っているので年齢で低く見積もるにはあまりに危険が相手でした。

井上尚弥VSドネア戦の凄まじさ。

そんな二人の試合ですから、まあ試合前からドキドキでした。ドネアの公開スパーリングも非常に調子が良さそうで、、どうなるのか私には全く想像できませんでした。

実際に試合が始まると初回のラウンドから様子見はなく、お互いがお互いが当たる間合い、距離からの打ち合いでした。

相変わらずの井上の構えの懐の深さも凄いのですが、驚いたのがドネアの強さでした、36歳とは思えない獰猛さ。井上のスピードが上回っているしフェイントをかけてきているにも関わらず、井上の頭の来る位置を先読みしてパンチを当ててきます。

井上もジャブで突き放しますが、気にせず前に前に出て、2ラウンド目に強烈な左フックがクリーンヒット。井上の右目がカットされました。どう控えめに見ても眼輪筋に達していて出血でドクターストップで負けることがかなりあり得る状態です。

これはかなりのピンチ、正直これで心が折れても仕方がありません。

井上は右手のガードを高くあげて目を守ってタイミングを待ちます。確実に狙われますし、また叩かれたら出血負けします。この状況では右ストレートを使えないので、並みの一流でも詰みに近い。

しかし、持ち前の引き出しをフルに使って、左右上下に体を3次元的に使いドネアを翻弄します。ボクシングIQと呼んだりするのですがボクシングにおいて、体のさばきやパンチのタイミング、フェイント、先読みがどのくらい凄いのかは強敵との闘いやピンチの時にこそ初めて試されます。ここで井上は見事なボクシングIQで試合を進めていきます。

それでもドネアはやはり強い。井上を再三追い詰めてカウンターを入れてグラつかせます、正直あそこで決めにいかれていたら負けていたかもしれません、それほどのものでした。

そして11ラウンドの左ボディ。ストレートをボディに打っていましたが、ここで初めてだすひねり打ち上げる左ボディブローは完全にドネアのレバー(肝臓の位置)にクリティカルヒットしました。背を向けて、逃げ出すように距離を取って足をつくドネア。

これはレバーブローを打たれた人にしかわかりません。辛いです、、、打たれた瞬間はやばいと思ってもしばらくは足が動くんです。何歩か歩くと急激に腹部に鈍痛が走って意識があっても膝をついて倒れてしまうんです。 足が震え、泥のように体が重く、前傾姿勢でかろうじて痛みを堪える。まさに急所、、、こういうボディをもらわないためにあらゆる努力をするのにドネア相手に、それを打てるとは、、、、

10カウントまで休んで立てたドネアも凄いです、今での選手はこれで完全に心が折れてましたから。井上も決めようと攻めましたがドネアはゴングでなんとか救われました

ただ、これが決定的なシーンとなり判定までいったものの明らかに井上の勝ちでした。いやはや、ずっと目が離せない試合でした。

今回は、双方が超弩級に強いことが素人目にわかり、どちらが勝つのが目が離せないほどの熱戦でそれぞれがとんでもないピンチ、逆転、逆転を繰り返した伝説の勝負でした。

これからのさらなる期待感!!

試合は経験となり井上はますます無敵のモンスターになるでしょう。階級をあげるのかはわかりませんが、ドネアがフェザー級に上げたように上にいくかもしれません。

リゴンドーやゲーリーラッセルあたりを撃破してロマチェンコと対戦なんてことになったら、とんでもないことになりますね。

それにしても、ラグビー、テニス、陸上、バスケといい日本の若い選手の活躍ぶりには驚かされますね。東京オリンピックも楽しみです。

 

 


夕方からの美容外科、美容皮膚科、形成外科、皮膚科

   『東京ロイヤルクリニック』

 


 美容外科 『眼と糸によるリフトアップを専門としています。』

 ①二重のラインを広げたい ②目の下のクマが消したい

 ③まぶたを開きやすくしてデカ眼になりたい ④タレ目や切れ上がった目になりたい

 ⑤フェイスラインをシュッとしたい。

  21時からの夜間手術にも対応

日本美容外科学会専門医が手術にあたらせて頂きます。

興味がある方はまずは無料カウンセリングへどうぞ!!


・ロイヤルリフト:コグという返しのついた特殊な糸で顔の肌の奥からリフトアップします。

法令線、マリオネットラインの改善!の最高のメニュー』

・効きやすい脂肪溶解注射『カベリン注射、BNLSneo注射、LINEfit注射』

・シミ取り、タトゥー取り、レーザーピーリング、ダーマペンなど各種美容治療の用意がございます。

・保険診療も対応可


『プロのAGA治療を受けてみませんか?』

 頭皮プラセンタ注射ヘアフィラー療法女性の薄毛治療にも力をいれています!


六本木、西麻布、恵比寿、目黒、渋谷、銀座からアクセスの良い『広尾駅前徒歩30秒』 

LINEでの予約を受け付けています!!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

にほんブログ村

育毛・発毛 ブログランキングへ

 

 

 

 


 美容外科 『眼と糸によるリフトアップを専門としています。』

 ①二重のラインを広げたい ②目の下のクマが消したい

 ③まぶたを開きやすくしてデカ眼になりたい ④タレ目や切れ上がった目になりたい

 ⑤フェイスラインをシュッとしたい。

  21時からの夜間手術にも対応

日本美容外科学会専門医が手術にあたらせて頂きます。

興味がある方はまずは無料カウンセリングへどうぞ!!


・ロイヤルリフト:コグという返しのついた特殊な糸で顔の肌の奥からリフトアップします。

法令線、マリオネットラインの改善!の最高のメニュー』

・効きやすい脂肪溶解注射『カベリン注射、BNLSneo注射、LINEfit注射』

・シミ取り、タトゥー取り、レーザーピーリング、ダーマペンなど各種美容治療の用意がございます。

・保険診療も対応可


『プロのAGA治療を受けてみませんか?』

 頭皮プラセンタ注射ヘアフィラー療法女性の薄毛治療にも力をいれています!


六本木、西麻布、恵比寿、目黒、渋谷、銀座からアクセスの良い『広尾駅前徒歩30秒』 

LINEでの予約を受け付けています!!

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

にほんブログ村

育毛・発毛 ブログランキングへ

 

 

マクレガー戦の予想、大外れ、、、

日曜日は10時からDAZNを開いてずーっとボクシングを見ていました。

アンダーカードも魅力的な試合ばかりでしたが、やはりメインのメイウェザーの試合の期待が高くて

印象が薄くなってしまいました。

 

試合の合間にちょいちょい、煽りの映像を見直していました。今回の試合のために全米ツアーで各都市を回り、

二人での会見をして回る、まるで大統領選のようです。

お互いの人生の対比など、どう試合するのか高まります。

 

そして、、、結果ですが

 

フロイト・メイウェザー対コナー・マクレガー戦の予想は大外れでした!

 

私の予想では、いや期待では序盤にマクレガーの読みにくいパンチがメイウェザーのアゴにヒット、40歳のメイウェザー

のスタミナが切れて若い力で中盤に倒されるというものでしたが、、

結果は、序盤にマクレガーに打たせてスタミナを削り、中盤から終盤にかけてじっくりパンチをまとめてメイウェザーのKO勝ち、順当勝ちでした。

 

悔しー!!!!!!!!

総合格闘技相手の100点満点のボクシングでしたね!相手に付き合わず徹底的にボクシングに徹し、空振りで疲れさせ

アゴが出てきたところで、攻める。 

それをストライカーであるマクレガーにも難なくやってしまうとは、さすがレジェンド!

 

しかしマクレガーも頑張りました、メイウェザーに歴代2番目の多さでパンチを当ててました。

マクレガーが頑張ったからこそのこの試合でしたね!

 

予想が外れたのは非常に残念でしたが、緊張感のある序盤戦は久しぶりにボクシングを楽しめました 😆 

それにしてもメイウェザーは50戦無敗、同時代の強敵に勝ちまくっての完璧すぎるフィニッシュか、、、

 

  

 

髪と美肌のクリニック『東京ロイヤルクリニック』

AGA薄毛治療

(頭皮プラセンタ注射、HARG療法、ヘアフィラー療法)

(プロペシア、フィナステリド錠、ミノキシジル、ザガーロ)

ヒゲ脱毛、VIO脱毛レーザー

 

ヒアルロン酸注射:鼻、あご、こめかみ、ひたい形成 しわ消し 

ボトックス注射:エラ、脚やせ、肩こり解消 

マイクロボトックス:肌の引き締め

スーパーフォトフェイシャル(オーロラSR):肌の色調改善

リファームST  :フェイスラインのリフトアップ

スキンリプログラミング(ダーマペン):皮膚再生治療

 

ED治療(バイアグラ、レビトラ、シアリス)

難治性の肩こり、腰痛解消の注射療法も力を入れています。 

遅くまで診療していますので仕事帰りにニンニク注射、プラセンタ注射はいかがでしょうか?

女性も対応可(女性スタッフもいます)

六本木、麻布、恵比寿から近くの日比谷線広尾駅徒歩0分 迷ったらまずは無料カウンセリングを!
メール相談、メールご予約絶賛受け付け中です。

 

東京ロイヤルクリニック:ここからクリックでHPへいけます。

電話にて相談やご予約はこちらにて受付中です!
03−5420−3779 

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村 


育毛・発毛 ブログランキングへ

薄毛AGA治療、美容皮膚科の東京ロイヤルクリニックにお問い合わせはこちらにどうぞ!

*メールアドレスの記入ミスにはお気をつけください。

 

マクレガーがメイウェザーに勝つと予想

ついにメイウェザー対マクレガーの試合ですね!

ボクシングの生きる伝説、49戦無敗の絶対王者のフロイド・メイウェザーと、総合格闘技UFCでアメリカンドリームを実現させたコナー・マクレガー

しかもボクシングルールの、それも8オンスグローブでの対戦。

こんな試合がまさか実現するなんて思ってもみませんでした。熱い、熱すぎる 😈 

 

メイウェザーの強いところは相手のいいところを徹底的に潰すディフェンステクニックと試合運び、負けない試合で49戦を積み上げてきました。

ボクシング史上最高の戦歴であるにも関わらず、判定の多いつまらない試合にバッシングもしばしば。

 

一方コナー・マクレガーは実に華やかです。UFCと契約してわずか2年で絶対王者ジョゼ・アルドをぶっ倒し、2階級制覇を成し遂げただけでなく

試合前の煽り方のうまいことうまいこと、さらに実際に試合になってもエキサイティングそのもの!

下げたガードから撃ち抜くような鮮やかなパンチで一気に試合をキメていきます。

 

ボクシングと総合格闘技という絶対混じり合わないものが混じり合う、しかもどちらもトップ中のトップなんですから、これで盛り上がらないはずはありません。

日本でもK-1でマイクタイソンに挑戦しては破談になってましたが、、、さすがアメリカですよね。

 

メイウェザーとマクレガーどっちが勝つのか?

 

世界最高峰のボクシングテクニックがあるメイウェザーがボクシングで負けるはずがありません。

基本的にはそうですね、、、、これで負けたらなんなんだって話。

パッキャオも翻弄した鮮やかなディフェンスで、12ラウンドまでマクレガーのパンチをしのぎきって判定、、、、、いつもの塩試合が目に浮かぶようです 🙄 

まあ、メイウェザーはKOしないとオレの負けだ!と言い切っているので、判定狙いにはしないかもしれない、、、と思わせての判定勝ちがメイウェザーらしいですけどね。

 

私はマクレガーが勝つ!に1票!

ブックメーカーではメイウェザーが勝つ方に1.2倍、つまり世間的な評価としてはメイウェザーが勝つことが当たり前、当然を意味します。日本のボクシングファン、海外の有名選手、みんながメイの勝利は揺るがない、マクレガーはバカバカしい愚かな試合に挑んでいる、、というコメントが続きます。

 

しかしメイウェザーがそんなに有利なんでしょうか?

むしろ明らかな格下相手を完膚なきまでに叩いて当たり前とうい空気の中で、何をしてくるか読めない不気味なマクレガーと対峙するプレッシャーは半端ではないでしょう。マクレガーはそもそも負けても

偉大なチャンピオンに挑んだ勇気ある挑戦者としても地位はすでに確立してしまったので負けて失うものなどありません。

加えて、メイウェザーは引退して2年、40歳になっています。一方でマクレガーは28歳とまさに油の乗り切った上昇気流。体格も体重もマクレガーが重く、有利と言われています。

そして何よりマクレガーのスパーリングや練習風景に期待しています。

スパーリングパートナーになってくれた選手がコナーによってボコボコにされているような画像をアップしたりして(実際はマクレガーにいいところはほとんどなかったと相手選手は言っています)我々の期待感を否応もなく高めてくれます。

しかしそれより、マクレガーのボクシングの型にハマってない動き、パンチが目を見張りました。

 

ボクシングを覚えてメイウェザーには勝てるわけがありません。

しかし総合のままでボクシングに挑めば、ジャイアントキリングの可能性がみえてくるかと!

 

相手に合わせるのではなく、自分を突き通すことが異種格闘技戦のキモに思います。

打撃を覚えて弱くなったボブサップ、ムエタイを勉強して輝きを失った山本キッド。相手の土俵に乗らない、ありのままのマクレガーなら身体の力が強く、ブランク明けのメイウェザーに通じてしまうんではないかと期待しちゃうんですよね。

マクレガーの中盤のKO勝ちを予想しておきます、

さて、明日が楽しみだ。

 

 

髪と美肌のクリニック『東京ロイヤルクリニック』

AGA薄毛治療

(頭皮プラセンタ注射、HARG療法、ヘアフィラー療法)

(プロペシア、フィナステリド錠、ミノキシジル、ザガーロ)

ヒゲ脱毛、VIO脱毛レーザー

 

ヒアルロン酸注射:鼻、あご、こめかみ、ひたい形成 しわ消し 

ボトックス注射:エラ、脚やせ、肩こり解消 

マイクロボトックス:肌の引き締め

スーパーフォトフェイシャル(オーロラSR):肌の色調改善

リファームST  :フェイスラインのリフトアップ

スキンリプログラミング(ダーマペン):皮膚再生治療

 

ED治療(バイアグラ、レビトラ、シアリス)

難治性の肩こり、腰痛解消の注射療法も力を入れています。 

遅くまで診療していますので仕事帰りにニンニク注射、プラセンタ注射はいかがでしょうか?

女性も対応可(女性スタッフもいます)

六本木、麻布、恵比寿から近くの日比谷線広尾駅徒歩0分 迷ったらまずは無料カウンセリングを!
メール相談、メールご予約絶賛受け付け中です。

 

東京ロイヤルクリニック:ここからクリックでHPへいけます。

電話にて相談やご予約はこちらにて受付中です!
03−5420−3779 

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村 


育毛・発毛 ブログランキングへ

薄毛AGA治療、美容皮膚科の東京ロイヤルクリニックにお問い合わせはこちらにどうぞ!

*メールアドレスの記入ミスにはお気をつけください。

 

 

icon

クリニック情報

クリニック情報

〒106-0047
東京都港区南麻布5-15-20
フラワーマンション804

地下鉄日比谷線広尾駅1番出口を出て、みずほ銀行の先のネイルクイックと寿司三崎港の間の小道を入った右手に入口がございます。

受付時間:16:00~21:00
定休日 :火曜、日曜、祝日

icon

診療時間・休診日

夜9時までの準夜間保険診療!
急に具合が悪くなったらまずはお電話ください。

16:00 ~ 20:00
20:00 ~ 21:00

※当院は完全予約制ですので、予めお電話でご予約の上ご来院ください。
当日ご予約受付時間は午後8時半までとなります。


ご来院時、スムーズな対応をさせていただきたいので、ご予約のお電話の際は、簡単に症状をお聞かせください。